fc2ブログ
「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報

「皮ふは内臓の鏡」といわれます。このサイトは、家族全員「素肌美人」をめざして、トータルな健康美を提案してまいります。

CalendArchive

旬の花時計

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

かぐや姫の手紙

Author:かぐや姫の手紙
霊峰「富士山」を仰ぎ見るJR富士駅前商店街で、薬屋を開業して105年。
「皮膚・漢方・サプリメントの専門店として地域の元気を応援しています。
自律神経失調にお悩みの方、アトピー・アレルギー・イボでお悩みの方ご来店下さい。
お悩みに応じた様々なスキンケア化粧品を数多く揃えております。

※『健康情報』などは、店主tasogareが担当。
※『スキンケア情報』などは、fuji・bijinが担当しています。

最近のコメント

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

最近のトラックバック

三年程前、ある漢方薬メーカーから譲ってもらった原種の牡丹の苗。
苗とは言っても、根っこが三本入っていただけでした。
これで花が咲くのかしら?と思いながら、心配なので友人の庭師さんに植えてもらいました。
素焼きの大きめの鉢に一本づつ苗を植えてもらい、米のとぎ汁や水を欠かさずやって観察しました。
どんな花が咲くのでしょう?一年が過ぎ、二年が過ぎても葉は出ても花は咲きませんでした。
三年目にして異変が起こりました!
葉が出てきて茎がスルスルと延び、花芽がついているではありませんか!
三本の牡丹は全部花芽を持ち、一本は二つの花芽をつけていました。
原種の牡丹に蕾が
この鉢は二つの花芽がついています。拡大すると見えますよ!葉の陰に小さな芽が見えます。

3月23日に大きな蕾が膨らんできました。
開花直前(2019_03_23)

まるで白バラのような雰囲気を醸し出しています。
薔薇のつぼみの様な牡丹の花

ついに咲いた牡丹の大輪。きれいです。
開花(2019_03_27)

最後の一輪が咲きました。ほんのりピンクがかかっていてきれいです。
開花(2019_04_05)

ボタンは漢方薬では根を用い、牡丹皮(ボタンピ)と言います。西暦900年代に入ってきた薬用植物です。
鎮痙鎮痛作用があり、婦人薬に使われています。
平成最後を飾る美しく咲いた花。新しい令和の時代をお迎えするに相応しい大輪のボタンです。
2019/05/01 20:18|薬用植物TB:0CM:2

コメント

ご無沙汰しております。
お早うございます。
開花おめでとうございます。
ボタンの仲間のボタン科ボタン属のヤマシャクヤクは、富士山南麓にも生えています。
自生の株を採取する訳には行きませんので、種を採り撒いたところ、発芽に2年、発芽してから開花まで4~5年もかかりました。
たぶん、ボタンも同じくらいの年数がかかると思います。
「立てば芍薬、座れば牡丹・・」本来は、生薬を例えたもののようですが、花姿の形容にも最適な言葉だと思います。
やまぶどう #MEC55ixQ|2019/05/03(金) 05:24 [ 編集 ]
Re: ご無沙汰しております。
> お早うございます。
> 開花おめでとうございます。
> ボタンの仲間のボタン科ボタン属のヤマシャクヤクは、富士山南麓にも生えています。
> 自生の株を採取する訳には行きませんので、種を採り撒いたところ、発芽に2年、発芽してから開花まで4~5年もかかりました。
> たぶん、ボタンも同じくらいの年数がかかると思います。
> 「立てば芍薬、座れば牡丹・・」本来は、生薬を例えたもののようですが、花姿の形容にも最適な言葉だと思います。

こちらこそすっかりご無沙汰しております。何となく、ブログを更新する気持ちが湧いてこなかったんです。
でも、牡丹の花がきっかけになりました。
山シャクヤクも純白できれいですよね。
牡丹、三年目でやっと咲いて嬉しかったですが、それ位の年月がかかるんですね。
薄い花びらがとっても優雅できれいでした。種が膨らんできています。それも楽しみです。
来年もまた花が咲くいよう育てていきますね。
富士山麓の山野草は、これからが美しい季節になりますね。
かぐや姫の手紙 #-|2019/05/03(金) 21:13 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://fujibijin.blog24.fc2.com/tb.php/673-42f5ee93

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Copyright(C) 2006 「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.