「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報

「皮ふは内臓の鏡」といわれます。このサイトは、家族全員「素肌美人」をめざして、トータルな健康美を提案してまいります。

CalendArchive

旬の花時計

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

かぐや姫の手紙

Author:かぐや姫の手紙
霊峰「富士山」を仰ぎ見るJR富士駅前商店街で、薬屋を開業して105年。
「皮膚・漢方・サプリメントの専門店として地域の元気を応援しています。
自律神経失調にお悩みの方、アトピー・アレルギー・イボでお悩みの方ご来店下さい。
お悩みに応じた様々なスキンケア化粧品を数多く揃えております。

※『健康情報』などは、店主tasogareが担当。
※『スキンケア情報』などは、fuji・bijinが担当しています。

最近のコメント

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

最近のトラックバック

岳南友紀会設立総会に友情参加
tasogareの同級生の坂本由紀子参議院議員さんから電話をいただいた事もあり、先日、設立総会に夫婦で参加したしました。静岡県副知事時代から、おとなしい性格の方がよく頑張っていらっしゃると感心しておりました。設立総会は、自民党の応援団という雰囲気でしたが、私どもは由紀子さん応援団のつもりで参加いたしました。それと余談ですが、頭の出来は全く違いますが、同じ由紀子という名前ですので?!
坂本由紀子参議院議員

富士市長、鈴木尚氏の挨拶。静岡県議会議員時代に大変お世話になったそうです。
鈴木尚富士市長

富士宮市長の小室直義氏のユーモアセンス溢れるスピーチ、友人の三島ホタルの会の志村肇氏と親しい間柄とか。
小室直義富士宮市長

もうすぐ合併の富士川町長坪内伸浩氏のご挨拶。
坪内伸浩富士川町長

懇親会で乾杯の音頭を執ったのは、王子製紙富士工場の工場長さんでした。私共とは隣組ですが、この時初めてお顔を拝見いたしました。たまには街でお目にかかりたいものです。
懇親会

政治には興味があっても、政治家には興味が湧かない方の方が多いのではないかと思われる昨今、無党派層の拡大は象徴的です。
政治は大雑把な言い方をすれば、富の再配分に他なりません。極端な中央集権化がすすみ、格差が広がっていく中で(格差は、世界的な視点から見れば日本の格差は少ない方だと思いますが)、何を政治に期待したらいいのでしょうか?防衛省をめぐる不祥事も党派を超えてお金の問題がズルズル出てきそうです。それも天文学的な金額です。
坂本議員は弱者のために政治活動をしていらしたとの事ですが、自民党自体が小さな政府を目指しているので、ちょっと矛盾も感じますが、時代に合ったセーフティーネットを作るのも政治の問題ですね。・・・女性らしい視点で、キレイな政治をして欲しいと感じた次第です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
若い頃から大好きな作家・塩野七生(しおのななみ)著「ローマ人への20の質問」という本の中にこんな事が書かれています。
・・・質問4 富の格差について
①、富の分配とは、所詮は税制の問題である事
②、人間とは、重税か否かにかかわらず、税金そのものあが嫌いである事。
③、人間とは、定期的よりも不定期的に課される税金の方を、重税と感じてしまうこと。
④、徴税費用を低くおさえるためにも、また徴税担当者の恣意性が働く余地を少なくするためにも、税制度は単純明快あであるべきこと。

とは言っても、消費税という単純明快な税制も、現在の経済状態ではタブーです!
橋本内閣の時を思い出して下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日11月19日の日経新聞に英エコノミスト誌前編集長のビル・エモット氏が『改革続け生産性向上を』と題する講演の中で、次のように述べています。
・・・日本で90年代にバブルが崩壊し危機が起きて株価が急落した際、専門家らは一時的な問題だと語った。だが信用リスクに対する姿勢や心理状態が変化し、人々の行動様式が変わっていたのだ。~中略~
日本経済は悲惨にはならないが、短期的には悪化するだろう。政府は何か対策を講じるより、むしろ害となる政策をとらないことが重要だ。消費税の税率引き上げを具体的に検討したり、日銀が金融政策の正常化を試みたりすると、経済に害が及ぶ。(中略)長期的には、日本政府は過去数年と同じく改革を進め、企業が生産性を高められる経済的、社会的な状況をつくることだ。
 世界は転換期にある。欧州各国にも景気後退の可能性があり、中国、インド、ブラジルなどで部分的な経済鈍化の可能性も高い。米国の景気後退は世界経済がよりよい状態になるために必要な過程だ。
今後一、二年は困難な年となりそうだが、むしろ始まってよかったと考えるべきだ。」
*ビル・エモット氏は、『日はまた沈むージャパン・パワーの限界』(90年)、『日はまた昇る』(06年)、など日本経済に関する著書多数。

政治家が飛び回って、『国民のために・・・!』などと言うより、市場の原理に任せた方が得策のようにも思えます。

2007/11/20 21:45|地域情報TB:0CM:4

コメント

望月しょうせいどうさんへ
私が仕事してた頃に年末年始は、政治家の先生からに差し入れが多いこと 特殊な病院ということもあったのでしょうか
近い内に法律がかわり職員の給料に特殊手当てがはずされるとは、聞いてましたけど20年以上かかりました。
法律改正も入院者が、半分以上の療養者が亡くなってからで私が考えるには、30年前に法律が変わると話が出た時は、患者も相当な人数で30代前半も多いし補償問題の予算を考えてのことだったと思います。
日本の法律改正も早くやってもらいたいところは、手付かずのところが多いようです。

リリー #Dq74ESy.|2007/11/21(水) 08:37 [ 編集 ]
りりーさんへ
日本の政府は、大企業寄りで、個人の救済は二の次のような所がありますね。

fujibijin #-|2007/11/21(水) 14:37 [ 編集 ]
望月しょうせいどうさんへ
自民党の3本柱や厚生大臣が地元からでても1箇所に2000人いる療養者の法律改正は、なかったし私が仕事してる時も死亡届を出してる人や戸籍抹消の療養者もいて大変なところでした。
人権尊重とか表向きでは、言ってますけど実際は、諸外国より相当遅れてます。
リリー #Dq74ESy.|2007/11/21(水) 18:34 [ 編集 ]
りりーさんへ
商人国家の日本は、どことなくカルタゴに似ています。海外で活躍する企業が大事なのです。
しかし、戦後60年が経過し、日本も大衆消費社会になっています。時代は変わりつつあるように思います。
fujibijin #-|2007/11/21(水) 21:46 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://fujibijin.blog24.fc2.com/tb.php/245-41bfd8b4

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Copyright(C) 2006 「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.