「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報

「皮ふは内臓の鏡」といわれます。このサイトは、家族全員「素肌美人」をめざして、トータルな健康美を提案してまいります。

CalendArchive

旬の花時計

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

かぐや姫の手紙

Author:かぐや姫の手紙
霊峰「富士山」を仰ぎ見るJR富士駅前商店街で、薬屋を開業して105年。
「皮膚・漢方・サプリメントの専門店として地域の元気を応援しています。
自律神経失調にお悩みの方、アトピー・アレルギー・イボでお悩みの方ご来店下さい。
お悩みに応じた様々なスキンケア化粧品を数多く揃えております。

※『健康情報』などは、店主tasogareが担当。
※『スキンケア情報』などは、fuji・bijinが担当しています。

最近のコメント

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

最近のトラックバック

分子栄養学者・山田豊文先生が教える
【保存版】 放射性物質からからだを守る食 
 
体内被曝を防ぐ「三つの方法」
.放射性物質によって体内に発生する「活性酸素」を消去して、DNA(からだのすべての遺伝情報を担う物質)の損傷をふせぐためにの「抗酸化栄養素」の補給。

.放射性物質と性質の似た栄養素を補給して、放射性物質が体内にたまらないようにする。

.活性酸素によって受けたダメージを修復してくれる栄養素の補給。

上記の三つの方法をよく理解して正しい食事を摂るようにすれば体内被曝からからだを守ることが可能です。
1~3の方法についてもう少し詳しく書いてみます。

<抗酸化栄養素の補給>
①、活性酸素を消去する能力を高める抗酸化栄養素について
ベータカロテン、ビタミンC、ビタミンE、抗酸化ミネラルの亜鉛、セレン、ファイトケミカル(植物由来の化合物)のリコピン
 ■ニンジン、カボチャ、ホウレンソウ、レモン、イチゴ、パプリカなどに豊富に含まれています。

②、放射性物質を絡めて排出する食材
 食物繊維の一種であるペクチンなど。ペクチンの豊富なものは
 ■リンゴ、キャベツ、大根、ミカン、オレンジなどの柑橘類、柿など

③、放射性物質を解毒する食材 
 味噌を摂取すると、被ばくによってはがれた腸の粘膜を修復。
 大豆イソフラボンには、放射性ヨウ素を排出する効果があります。

④、免疫力の鍵となる白血球の機能を回復し正常化する食材  
 タコなどの魚介類に多く含まれるタウリンというアミノ酸は、免疫機能を高め、回復する。
 ■タコ、イカ、エビ、カキ、アサリなど。そのほか玉ねぎやニンニクにも含まれています。

<必須ミネラルを十分摂取して放射性物質を取り込まない> 
①、放射性物質は必須ミネラルに構造が似ているものが多いため、これらのミネラルを十分補給しておけば、放射性物質の体内蓄積を予防できる。
カルシウムが不足していると、放射性ストロンチウム90などを吸収してしまうため、しっかりカルシウムを摂取する。
同様に、食事でカリウムを十分に補っていれば、カリウムと構造が良く似た放射性セシウム137など、どんな放射性物質もからだにとどまり難くなります。
 ■ヨウ素を多く含むものは、コンブ、ワカメ、イワシ、海苔
 ■カリウムが多いのは、大豆、コンブ、バナナ、サツマイモ、サトイモ、アボカド

②、脂肪にも細胞の抗被爆効果を高めるものがある。
 「オメガ3系不飽和脂肪酸」は全身の細胞に不可欠な成分で、細胞膜の正しい材料になり、放射性物質からの防御効果を高めます。
 ■オメガ3が豊富な生の亜麻仁油(しそ油)を毎日スプーン1杯、抗酸化物質と採ることでより効果が高まりす。

<DNAを修復するミネラル>  
マグネシウムは被ばくで傷ついたDNAを修復してくれます。
 ■玄米、大豆、小豆などの豆類、豆乳、ヒジキ、ワカメ、コンブなどに多く含まれいます。

以上の事から、日本の伝統食が素晴らしいかがわかります。
洋風に偏った食事から、味噌汁や海草、新鮮な野菜などをふんだんに使った日本食への回帰を期待して止みません。
注)食材の産地を選ぶ事をお忘れなく。


Dr.山田豊文先生:予防医学、デトックス(解毒)の専門家として日本にいち早く毛分析を導入されました。
米国公益法人ライフサイエンスアカデミー主宰。米国で「分子整合医学」に出会い、日本の医師や栄養学を学ぶ人たちへ理論の普及を目的に杏林予防医学研究所を設立。著書に「細胞から元気になる食事」など。
山田豊文先生と
山田先生の講習会にて(山田先生左側に望月が写っています)    季刊誌「くらしとからだ」 株テーミス社版より


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
2011/07/31 10:33|健康TB:0CM:0
tasogare  “tasogare汗だくの巻”

何時もなら、真夏の外出は汗だくとなるのでノーサンキューとパスするのですが、今回ばかりはお世話になっている図越先生が司会を務めるゼミナールなので意を決して出かけました。
図越先生

案の定、当日は真夏日。電車を降りたら日差しを遮るものは無し、ホテルまでの数百メートルは炎熱地獄。大汗をかいて犬山名鉄ホテルに辿り着きました。
ついでに記しますが、自宅に帰っての手当は発汗による消耗は牛黄だけでは不十分だと思い、亡陰を補う意味で生脈散(気陰両虚)も摂取しておいたら正解でした。

ゼミナールは「活血」は動脈血、「化お」は静脈血と知った((^_^;))のが収穫です。
言われてみればお血とは静脈還流の不全だから尤もな話で、自分の迂闊さにあきれるばかり。そんなことでゼミナールは終了。後はお楽しみタイムの夕食と鵜飼でリラックスです。
鵜飼い

鵜飼は想像を超えるものはありませんでした。
午前3時の女子Wカップに備えて早々に部屋に戻り眠りに就きました。3時少し前に目覚め朝風呂に入り、テレビ観戦。澤選手のスーパーシュートも感動しましたが、沈着冷静でトボケた味の宮間選手のPKやカズダンスは気に入りました。同点シュートも大変良かった。常人ではありませんな。

翌日は楽しみにしていた明治村。ここでも汗だくになりましたが、以前上野池之端で訪れた旧岩崎邸と
東大医学部の中間にあったと思われる漱石邸が目の前にあって、本郷と犬山の時空を超えて頭の中で瞬時に連結されるのを感じました。
またいつか、家族を伴って訪れてみたいと思いつつ、帰りのバスに乗り込みました。
夏目漱石邸1
漱石先生と猫
夏目漱石邸3


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
ついに蝉が出てきました。第一号です。
クマゼミが多くなりました。
蝉

昨日は富士川の畑に行きました。
その折、友人が捕獲してくれた玉虫。大きなビーカーに入れてあります。
玉虫色がきれいです。これはヤマトタマムシだそうです。
タマムシは、吉丁虫とも言われ、古くから縁起の良い虫との事。
タマムシを持っていると、女性は恋がかなう、箪笥に入れておくと着物が増える、虫がつかない、幸せになると言い伝えられています。

玉虫

お腹もキラキラ派手な色をしています。
玉虫腹

庭の家庭菜園でもキュウリやナスが採れ始めました。
ア~“夏は来ぬ!”
家庭菜園


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ
にほんブログ村
2011/07/13 16:01|fujibijinのブログTB:0CM:2
ついにツバメが自然に帰りました。
三週間位、我が家で暮らした事になります。
仲の良い兄弟のように見えましたが、一羽づつ別々に出て行きました。大丈夫かな・・・・
でも、何だかホッとしています。
二羽のツバメ2
色々な写真が残りましたので、ブログに残しておきます。
二羽のツバメ
尻尾が燕尾服のように二本の長い尾が伸びているのが親鳥です。
この二羽のツバメは、また尾が伸びていません。
二羽のツバメ3

今頃どうしているのかしら。
その年生まれたヒナは、ほかのヒナたちと一緒にしばらくは町中で暮らすそうです。
王子製紙の沈澱地あたりで、飛び回っていそうな感じです。
元気でね!ピーちゃんペーちゃん。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ
にほんブログ村

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Copyright(C) 2006 「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.