「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報

「皮ふは内臓の鏡」といわれます。このサイトは、家族全員「素肌美人」をめざして、トータルな健康美を提案してまいります。

CalendArchive

旬の花時計

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

かぐや姫の手紙

Author:かぐや姫の手紙
霊峰「富士山」を仰ぎ見るJR富士駅前商店街で、薬屋を開業して105年。
「皮膚・漢方・サプリメントの専門店として地域の元気を応援しています。
自律神経失調にお悩みの方、アトピー・アレルギー・イボでお悩みの方ご来店下さい。
お悩みに応じた様々なスキンケア化粧品を数多く揃えております。

※『健康情報』などは、店主tasogareが担当。
※『スキンケア情報』などは、fuji・bijinが担当しています。

最近のコメント

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
★進化する「お菓子横丁」  「望月しょうせいどう」前

Siler Doragonさんのお店は、人気スポットになっています。
月に一度のお菓子三昧。豊かな気持ちになれる「楽々市」です。
silver dragonさん
毎回、たった一つしか出ない「お菓子のおうち」
今月はカメさんの家でした。
先月はクマさんとウサギさんだったでしょうか。
お菓子の家

友香理さんのお店は「小さな菓子屋 ほにょ工房」という名前になりました。
サービスカードもできました。原料等が高くなりましたが、販売価格も下げられないので、スタンプカードを思いついたそうです。リピーターさんにはサービスがありますよ。
スタンプカード

私もスタンプを押してもらいました。
来月は、いっぱいになりそうです。次々新作ができています。(おいし~いイチジクのジャムも出ましたよ)
友香理さんのお菓子は、素材の味が生きていて楽しいです。ズッキーニや玉ねぎなのクッキーが並びました。野菜のケーキができるのも間近でしょうか?楽しみです。
お花のスタンプ
私は、ご近所の「Poli Poli」さんのお菓子をお預かりして販売いたしました。
来月は、「Poli Poli」さんも参加できると良いと思います。
おやつ横丁が、もっともっと進化できますように!
「おやつ横丁」を作ろうと思ったのは、大阪の「bolo」さんからいただいたご縁がきっかけです。
「bolo」さんも、ネットショップ開店に向けて頑張っていらっしゃいます。皆で応援しております!
スポンサーサイト
 本tasogareのショートストーリー    夏にさようなら

黄昏の海

あれは確か、去年の秋というか夏の終わりの頃だった。
暑くて眠れない夜に灯りを消してラジオの深夜放送をうつらうつらしながら聴いていた。
すると、夏のリゾートで曾ての恋人を偶然見掛けた女性が、少し許りの細工をして再会のきっかけを作り彼と会って話してはみたものの、懐かしさでは埋めきれない違和感を覚え、過ぎ去った時間の意味を思いつつ、また再び現実の日常に回帰するという内容の甘く切ないラブ・ソングが流れてきた。
ビッグバンドをバックに歌われるラブ・バラードを、夢うつつで聞くともなしに聞いていると、
それは伊東ゆかりの「夏にさようなら」という曲だというアナウンスがあった。
偶然の邂逅を与えてくれたその夏と、悲喜交々の思い出となった昔の恋に二重の意味で本当に「さようなら」するという別れの曲に仕立てられていた。

青春、朱夏、白秋、玄冬へと誰もが例外なく終焉に向かって歩む過程で、一度位は囚われる感傷的な惜春の情が表現されていて、聞く者は甘酸っぱい感情に襲われる。
それはちょうど手持ちの時間の長さに反比例するような頻度や強さで、あるいは、虚を突かれるように突然やってくる出会いがしらの事故ようにも不可避的に出くわす暗喩のようにも思われる。

ユーミンの「卒業写真」も優しい目をしている彼は決してめぐり合うことのない彼岸にいて「あなたは私の青春そのもの」と思い出の中に封印されてしまう。
時が経ち、私は否応なく変わらざるを得なかったから「町でみかけたとき、何も言えなかった」のだ。
だから「遠くで叱って」というのは蛇足と言うべきで、よせやい、と茶々を入れたくなる。

 同じような曲想の竹内まりやの「駅」では「ひとつ隣の車両」の「見覚えのあるレインコート」の昔の彼に掛ける「言葉はとてもみつからない」まま、「ラッシュの人波にのまれて 消えてゆく」そしてまた「ありふれた夜がやって来る」、痛切であり哀切であり、また潔さも感じる。

 去年もたしかこの時期に、稲村ジェーンを枕に晩夏の挽歌を書いた憶えがある。
やはり、夏は暑くて過酷だが人の生涯でも季節のうえでも一つのピークであって、
なにかのメッセージを伝えたくなる瞬間かもしれない。

youtube.で伊東ゆかりの曲をどうぞ!五線に音符(*゚▽゚)四分x3-赤緑青

*写真のレコードは、金子ゆかりのサザンオールスターズ桑田君の英語版カバー曲。
桑田君の怪しげな英語とは違い、なかなか上手に歌っています。
伊東ゆかりとは関係がないのですが、海辺のホテルの窓から眺める風景がイメージにピッタリだったので・・・。
★向日葵さん
池上よし子さん、角川全国俳句大賞受賞おめでとうございます!

ひまわりのような明るくて綺麗な方!
まだお目にかかったことがないのですが、不思議なご縁で結ばれています。
「望月しょうせいどう」のお得意様は、とってもステキな方ばかりです。
向日葵
池上さんから、角川全国俳句の大賞受賞と、お写真とプロフィールが載っていますとお知らせいただき、早速本屋さんへ!
残念なことに売り切れで、取り寄せも不可能と知り、京都の姉へ電話すると、本屋さんで見つけたからと送ってくれました。(左の角川俳句8月号)
また、池上さんがご親切に「俳句生活」をお送り下さいました。
雑誌を拝見して感じた事は、素直で明るい心!爽やさを感じました。
全国でナンバーワン!寄せられた俳句は2万316句・・・その頂点にいらっしゃるのですね。
角川俳句誌
受賞作品 「向日葵に アップルパイの 重さあり」
 ピッタリの写真が撮れないかしらと・・・
今年は、富士山がなかなか姿を見せず、いい写真が撮れません。
あったあったステキな写真が!
富士市のカレンダーに「富士山百景」の受賞作品が載っていました。俳句にピッタリの写真!
向日葵の後ろに夏の富士山が見えます。まさに富士山の頂上に立っていらっしゃるのですね。
池上さんの句
池上さんのプロフィール:「俳句生活より」
自宅で学習教室を開かれている池上よし子さん。幼稚園の年少から小学校高学年まで、元気いっぱいの児童を指導されています。
 お母様に俳句を勧めようと、地元のカルチャーセンターの案内を持って帰って来ましたが、お母様ではなくご自身が入会。今年で丸四年を迎えられました。
「教室のお休みと、たまたま重なっていたのが縁なんです。本当に初めてのスタートでしたから、今でも毎月の兼題をこなしていくのが精一杯です」と池上さん。
 受賞句は、近所に咲いていた大きな向日葵を見て「頭(花の部分)が重たそう。その重量感がアップルパイのようだ」と感じたところから生まれたそうです。

芋畑
昨日、お店のDMを宅配中に見かけた里芋畑。
大きな葉が、風を受けてゆらゆら大きく揺れています。象の耳みたい!しばらく自転車を止めて見入っておりました。Fさんのお宅の近くです。
「芋畑 風を孕みて 象の耳」
いかがでしょう?
俳句ってスナップ写真のようです。友人と長野の温泉の露天風呂で、月を愛でながら俳句を作った事を思い出しました。
 お得意先のお宅で、農家のおかあさんが見せて下さった日記帳。
農作業やその日の出来事がつづられています。よ~く見ると、俳句が折々に書かれていて、その方から想像もできなかったので、ビックリした事があります。
日本人って、みんな俳人なのだと感じました。
七五調が、日本人の心のリズムなんですね。
先ずは秀句を読むことからはじめましょうか。

東海道には、芭蕉の句碑がかなり沢山残されています。句碑を辿ってみるのも楽しそう。
芭蕉の碑
旧東海道沿いにある芭蕉の句碑。近くの旧平垣公園にありましたが、今は国際交流センター前です。
「一尾根は しぐるる雲か 不二の雪」
2008/08/18 14:25|fujibijinのブログTB:0CM:4
8月に富士山初冠雪か

8月9日(土)は、午後から急に雲が広がり3時すぎから夕立がありました。
雷がピカゴロ・ピカ!ドッシ~ン。あちこちに落雷がありました。
勿論パソコンは切って、通り過ぎるのをじっと待っていました。
無事通過してくれました。広がる夕空に富士山がきれいに見えます。
ン?何だか変な富士山。雲?霧?目が白内障になった?
8月9日雷雨お後に
拡大してみるとご覧の通り。冠雪です。ビックリです。
寒気が入っているのでしょうね。今年は、太平洋高気圧の力が弱いような・・・。
8月に冠雪
翌日の静岡新聞に載った記事です。初冠雪では無いそうですが・・・
地方紙も面白いですよ。
天気の良い日は、夜、富士山の登山道の灯りがよく見えます。
静岡新聞8月10日
2008/08/10 09:44|地域情報TB:0CM:4
夜は千のを持つ (店主tasogareのブログ)

「夜は千のを持つ」 かつてコルトレーンもソニーロリンズも演奏した事のある名曲
ジョン  コルトレーン

 近頃はお天道様紊?も随分と人気がなくなり、紫外線による発ガン性やら光老化やらシミ・ソバカスの元凶にされて、日光浴は人体にとって百害あっても一利なし!とまで言われる有様・・・楽あれば苦あり、禍福は糾える縄の如し、果報は寝て待て・・・あ、いや少し論旨がズレた。何事も物事には良し悪しの二面性があり、日の光にもどこか良いところは無いものか?と思っていたら、ありました!夜は千のを持っていても、昼は一つ。そして人間は三つ。

われわれのの網膜の後ろあたり、脳底の視床下部に松果体があります。そしてこの松果体体内時計があって、朝~昼~晩~朝~昼~晩という日内変動(サーカディアン・リズム)を刻んでいます。
脳イラスト
もう少し拡大してみると

松果体
図の中央右の小さな黄色い丸が松果体・第三のとも呼ばれています。(イラストはWikipediaより)

けれども、人間の体内時計は25時間制なので、毎朝6~7時頃の決まった時刻に明るい光が視野に入ってきて24時間制にリセットされないとドンドン時計は狂っていって、直に昼夜逆転します。
別に寝られる時に寝て、起きれる時に起きればそれで良いではないか、と言う人もあるかも知れませんが、そうは問屋が卸しませぬ。サーカディアン・リズムを調節するホルモン、メラトニンはこの松果体から分泌されることから松果体は第三のとも呼ばれていますが、毎朝決まった時刻に光を浴びて時計をリセットし補正しないとメラトニンが分泌しにくくなり、ウツや睡眠障害になります。
私はほとんど仙人のような生活(!?)をしていますので、夜パチンコ屋やコンビニの明るい照明に当たることもなければ、テレビは居間に一台しかないので深夜にテレビのモニターを見ることもなく、幸い睡眠障害の心配は皆無です。金欠病でしばしばウツにはなりますが・・・

 また、なぜこんな一時間も狂ったヤクザな体内時計をわれわれ人間は持っているのか?という疑問もあります。
細胞の全遺伝子の5~10%が時計遺伝子によって制御されていて、エネルギー代謝や骨形成など生命維持の基本的な遺伝子が多く含まれていることは確認されています。そして、ここから先は京都大学の岡村均先生の仮説ですが、松果体の体内時計は親時計、そして細胞にある無数の時計は子供時計となってシンクロ・連動しているのではないのか?
なんの為に?時計が狂っているから毎日リセットする必要があって細胞レベルで一斉に、一定周期でスカベンジ(老廃物除去)するには最適の時計合わせになっているのではなかろうか?。ということです
それにしても、なんと素晴らしいそして清清しいイメージではありませんか?お日様の光を体に浴びて、それを合図に体の細胞が一斉にゴシゴシ石鹸で身を洗い清めるようにスカベンジャー(掃除屋)によって修復され、与えられた天寿を全うすべくまた確かな生命活動を始める。
ウ~ン、眠っているようでいて、そしてハゲては来ているものの、実はまだまだ生きているんだなぁ~と実感できます。

ですから、
不規則な生活をして体内時計が狂ってくると、ウツ、睡眠障害、精神障害、骨粗しょう症、肥満、糖尿病などの代謝障害のみならずガンや心臓病、脳梗塞などが発症しやすくなるのではないでしょうか?
それと男女を問わず、加速度的に老化し老けやすくなるのは間違いのないところです。

八つも目のある鰻も!?
八つ目鰻

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Copyright(C) 2006 「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。