「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報

「皮ふは内臓の鏡」といわれます。このサイトは、家族全員「素肌美人」をめざして、トータルな健康美を提案してまいります。

CalendArchive

旬の花時計

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

かぐや姫の手紙

Author:かぐや姫の手紙
霊峰「富士山」を仰ぎ見るJR富士駅前商店街で、薬屋を開業して105年。
「皮膚・漢方・サプリメントの専門店として地域の元気を応援しています。
自律神経失調にお悩みの方、アトピー・アレルギー・イボでお悩みの方ご来店下さい。
お悩みに応じた様々なスキンケア化粧品を数多く揃えております。

※『健康情報』などは、店主tasogareが担当。
※『スキンケア情報』などは、fuji・bijinが担当しています。

最近のコメント

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

最近のトラックバック

簡単ジャガイモ料理「オカマポテト」

妙な名前のジャガイモ料理でしょ?
オカマって?
オカマポテトの由来:昔テレビのお料理番組でゲストがオカマさんだったことから、そんな妙な名前になりました。
ピリ辛・甘辛のとっても簡単で、おいしいポテト料理。夏には必須のビタミンB1がたっぷり含まれた豚肉で作ってみましょう。おつまみにも、おかずにもなります。
オカマポテト

富士市大淵にある小規模授産所「よつば工房」で作っているジャガイモがたくさん届きました。
おかみさん会の「楽々市」で販売しているコロッケは、このジャガイモで作っています。
大きめのジャガイモを3個程使って「オカマポテト」を作りますね。
ジャガイモ

材料: ジャガイモ・玉ねぎ・豚ひき肉・
調味料: しょう油、砂糖、豆板醤
材料
ジャガイモは、サイコロ状に切って水にさらしておきます。
水気を切って、揚げ油で柔らかくなるまで素揚げします。さらにカラッとするためにもう一度揚げます。
フライパンに玉ねぎを入れ炒め、それから豚ひき肉を入れ炒めます。
火が通ったらしょう油、砂糖(同量ぐらい)を入れ味をつけ、さらに豆板醤をいれ味を調えます。
最後に、揚げておいたポテトを入れて素早く混ぜ火から下ろして出来上がり。
フライドポテト


豚肉の主な栄養分はたんぱく質と脂肪。
豚肉に含まれている良質なたんぱく質は、しなやかな皮膚や血管、筋肉をつくるのに大切な働きをし、悪者にされがちな脂肪にも、実はコレステロールを下げてくれる不飽和脂肪酸が多く含まれているという特徴があります。
さらに豚肉はビタミンB1の宝庫。ビタミンB1には糖質をエネルギーに変える働きや、神経の機能を維持する働きがあるので、不足すると疲労物質である乳酸がたまって疲れやすくなったり、集中力の低下やイライラがが起こりやすくなります。
豚肉を食べれば、夏バテや疲労回復、イライラ解消が期待できるのです。

●ジャガイモは高GI値食品なので、食べ過ぎにご注意!
高GI値って?・・・血糖上昇が激しい高G.I.値のものがなぜ悪いのかと言うと、すぐに血糖に変わるものはすぐにインスリンによって細胞にとりこまれ血糖は下がります。
この食後血糖と空腹時血糖の差をブドウ糖スパイクと言って、大きければ大きい程血管内の内皮を傷つけ動脈硬化の原因になります。


2008/07/31 09:56|美肌レシピTB:0CM:0
★7月の暑い暑い!!富士本町おかみさん会「楽々市」
27日(日)の「楽々市」は本当に暑かったです。
富士市役所主催のお祭り「富士祭り」とも重なって、いつもより人出はありませんでしたが、「楽々市」ファンが大勢いらして下さいました。
今回は、午前10時頃、兄に駅方面から「楽々市」の様子を写真に撮ってもらいました。
先ず、一番目は本町2丁目、お蕎麦の「金時」さん。富士ブランド認定品・カツ皿が有名です。
富士ブランドのお店
天ぷらや天丼、から揚げ桜えびが入った桜おにぎりも人気です。
金時さん

行列のできる屋台で有名な、「織平呉服店」さん付近の皆さん。みんな笑顔です!カメラマンがちょっと美男子ですからね。
織平さんのグループ

「富士市・街の駅」の「なかの米店」さんのメンバー。桜えびコロッケが人気です。
なかのさんグループ

私たちの「しょうせいどう」のグループです。望月つながりで絵本作家のアラレちゃんも仲間に入っています。
「しょうせいどう」グループ1

「おやつ横丁」皆さん。有機栽培の「なないろ畑」のえりさんも一緒に、若い女性グループです。
来月は、チーズケーキの「Poli Poli」さんも出店の予定です。
「おやつ横丁」が話題になる日も近いです。お楽しみに!皆さん素晴らしいスキルのある方ばかりです。
「しょうせいどう」グループ2
毎月一個しか作らないお「Silver Dragon」さんの「おかしのおうち」、今回ゲットしました!お家の中からいくつもお菓子が出てきてビックリ。
お菓子の家

陶芸作家の福島さん。毎月出店して下さっています。ステキな作品がずらりと並んでいます。
ファンも多いですよ。リクエストにも気軽に応じて下さっています。
陶芸作家福島さん

おばあちゃんクラフト作家さんたち。10年近く続けていらしたのも、皆さんの並々ならぬ創意工夫があったからなのです。
手作りアクセサリー手芸品

おかみさん会の広報担当者、池田仏具屋さん。お店では招き猫などのグッズも多数。
広報担当池田さん

ボランティアのFさん・Wさんいつもありがとうございます。会長の森さん、ご苦労様です。
「楽々市」の拠点


おかみさん会の美女グループ。お店があると歳をとっていられない!年齢は内緒です。ヤマダスポーツさん・レストラン「マルトウ」さん。会計の石田さん。
ヤマダスポーツさん・マルトウさん・会計さん

今日は、お父さんがお店番。いつもご一家でご参加の「マルセン屋」さん。
のりのマルセン屋さん

元気印のお豆腐屋さん。白糸さんのおかみさんです。
お豆腐の白糸さん

最近、山梨県からご参加の蜂蜜屋さん
蜂蜜屋さん

これからが楽しみなおかみさん会「楽々市」。お気軽にご参加下さいね。
みんなのパワーが街を作っていきます!!
かわいいお客さま

毎朝、幼稚園の送迎バスに乗るために、お母さんとお店の前を通るお嬢ちゃん。
ある日、お二人でお店に入っていらして、折り紙細工の『くす玉』の作り方を教えて下さいとの申し出がありました。
ある日の午後、九十歳目前の母に教えてもらって帰りました。
それから一ヶ月ほど過ぎた頃、出来上がった『くす玉』を持ってきてくれました!!
折り紙細工の『くす玉』ができました。小さなを40個のパーツを組み合わせて作リますが、結構難しいんですよ。
折り紙薬玉

かわいいお客様
 
くす玉(薬玉、くすだま)の由来
香料や薬草を錦の袋に詰めて、その袋に造花などで飾り付けし、五色の糸でたらしたものである。中国ではこれを魔除けに使用する道具として端午の節句などに使用されていた。

日本でくす玉が使われる事例としては、毎年7月(仙台など旧暦の7月に当たる8月に行われる地域もある)の七夕の飾りつけや祝い事に使用される割り玉ともいわれるものが挙げられる。
七夕のくす玉飾りは前述した中国の方式と同じような形で、造花で飾ったくす玉の下に紙テープ(短冊)を垂れ下げたもので、吹流しともいわれる。

割り玉といわれる祝い事に使われるくす玉は、球形になっているものを半分に割って、その中に紙テープを貼ったり、紙吹雪、風船などを敷き詰める。割れたときくす玉の紙テープは垂れ下がる状態となる。また真ん中に垂れ幕(そのお祝い事に関連するメッセージが添えられる)を一緒に添える場合もある。
(使用例)新幹線などの開業式、高速道路・国道などの開通式、学校の入学・卒業式、学校・企業の創立記念日、店舗・施設のオープン記念式典、造船の進水式、スポーツ大会や各種コンテストでの優勝や入賞祝い、選挙による候補者の当選祝い、結婚式祝い、運動会のくす玉割り競争(玉入れ競争で使うスポンジ製の玉をくす玉に当てあうもの)などがある。(Wikipediaより)

折り紙細工
指先を使う事は、何よりの脳トレになるそうです!
昨日、オリーブバージンオイルでハンドマッサージを致しましたので、九十歳目前の人の手にしては綺麗です。
2008/07/23 11:50|fujibijinのブログTB:0CM:2
日本農業の構造改革   日経新聞 6月11日朝刊より

気になる記事をピックアップして載せてみます。
東京の食料自給率はわずか1%、大阪2%、神奈川3%、この数字をどう思いますか?
示唆に富んだ記事だと思います。長い文章ですが、全文載せてみました。



えりさんの畑


食糧、原油価格の国際的高騰が、世界経済の構造的なパラダイムシフトであるという認識が定着しつつある。特に中国やインドなどの経済成長とともに食糧、原油をはじめとする一次産品の需給が逼迫、バイオエレルギー向け穀物需要も急拡大している。
世界的な過剰流動性もあり、食糧、エレルギー資源は構造的な高価格時代に移行している。
日本農業の構造改革もこの世界経済の環境変化を前提に、政策再構築の必要に迫られている。

今求められるのは、我々に与えられた資源を有効に使いきる発想であり、消費者ニーズの中で川下から国産代替を進め、資源価格高騰という環境下でも十分機能する新しい食・農システムを構築することだ。
また伝統的な日本の食生活を見直し、海外からの輸入穀物依存度を軽減していくことも必要であろう。

初めに認識すべきなのは、現在の洋風化した、油脂類と畜産品を多量消費する食の構造を変えないなら、国内農業の再生だけでは、食糧は安定的に確保できないという事実だ。1960年代以降の経済成長で実現した洋風の豊かな食生活の構造は、主として畜産飼料と植物油脂原料の輸入で支えられている。自給率は前者が25%、後者に至ってはわずかに2%である。この輸入穀物を栽培面積で換算すれば約1200万ヘクタールにも及び、それは国内全耕地面積の2.5倍強、国土面積の3分の1にも相当する。
この点で、油脂や畜産品の摂取量が少ない、伝統的な和風の食事に目をむけることは重要な課題となろう。ただ、いずれにせよ農業を再生し農地面積を拡大して輸入穀物の大きな部分を国産化するという構想は超長期的にはともかく、短中期的には現実的な改革論とはいえないのである。

米国の環境経済学者、レスター・ブラウンは60年代以降の日本の経験を観察し、人口の多い国の急速な工業化には海外からの膨大な穀物輸入が必要になると考え、これを自著「フード・セキュリティー」の中で「ジャパン・シンドローム」と名づけている。これは日本の食・農システムについて欧米の専門家が見たときに感じる率直な印象であろう。

日本の場合、主要穀物に関しては、国内農業の強化とは別に、海外からの輸入に依存せざるを得ない。それだけに、米国、カナダ、豪州、ブラジルなどの主要食糧輸出国、とりわけ米国との関係強化は必須であろう。
とはいえ、海外との関係強化だけで国内が手をこまぬいているわけにはいかない。
国内農業がまず取り組むべきは消費者ニーズを見据えて川下から国産農産物への切り替えを進めることだ。価格の優位性が求められる油脂原料や家畜飼料では輸入品の国産代替は基本的に難しい。だが最近の輸入穀物価格の高騰や食の安全への意識の高まり、食マーケットの成熟化、食品リサイクル法施行など環境問題をめぐる制度的な枠組みの変化などで、新しい可能性も芽生えており、優位性を発揮できる分野もある。こうした観点で主要な三大穀物に関して見てみよう。

まず国内需要量約620万トンの小麦は、自給率が13%であるが、近年、国産小麦を使っためん類、パスタ、菓子類などのニーズが高まっている。従来、国産小麦の品質への不満が多かったが、最近では例えば、北海道江別市近郊で製粉企業と地元JA、食品メーカーとの事業連携の中から、国産小麦「ハルユタカ」などを使った中華めんが300万食のヒット商品となるなど、注目すべき事例が出ている。

国内需要量約500万トンの大豆は、食品用(豆腐、油揚げ、納豆など加工品)に限れば25%、油脂用を含めると同5%が国産である。非遺伝子組み換えの国産大豆の人気が高まっているほか、大豆に含まれるイソフラボン含有量を高めたイソフラボン大豆など、機能性食品としての研究開発も進んでいる。伝統的な和の食材としての地域の加工企業との連携が進む分野で、今後国産需要拡大の可能性は大きい。

国内需要量約1650万トンのトウモロコシは、特に家畜飼料として重要な穀物であるが、ほぼ100%輸入に依存している。日本の輸入量は世界の全トウモロコシ貿易の5分の1を占め、その大半を米国に依存している。
家畜飼料の代替策として、飼料米の導入や、2001年5月施行の食品リサイクルが義務付けられた食品残渣の飼料活用などが取り組まれてきた。最大のネックはコストであったが、今回の飼料価格高騰で、飼料米や食品残渣の活用には大きなきっかけが生まれている。この契機を積極的に活用すべきである

こうした国産農産物への着実な切り替えが奏功するかどうか、そのカギの一つを握るのが、流通システムの刷新であろう。筆者はこの点で、近年進化が目覚しい直売流通システムの可能性に注目している。

最近では地方部ばかりでなく、千葉県柏市、茨城県つくば市、大阪府泉佐野市といった大都市近郊でも大規模な直売所の成功事例が生まれている。またスーパーの中でも「インショップ」と称して近郊農家の農産物を直売する動きが広がっている。これらの大規模直売所は出荷登録農家が1000人規模に達し、年10億円を大きく超えるところも少なくない。JA糸島(福岡県前原市)が福岡市近郊に昨年4月開いた農産物直売所「伊都菜彩いとさいさい」などがその典型である。

こうした大規模直売システムの特徴は、農産物自体だけでなく、小麦、大豆を含む農産物を加工した食品や、惣菜・弁当なども広く提供されていることだ。国産原料、食材による食品という点で消費者から強い支持を受けており、このような新しい市場が広がることが、生産者側にも大きな刺激になろう。

直売型の新しい食・農システムは、資源価格高騰時代に適合した、省資源的なビジネスモデルでもある。農業地域と大消費地間で農産物を広域大量供給するという従来型のシステムは、低いエネルギーコストと環境負荷コストを無視できる前提で機能するものである。そこでは、大量の農産物がゴミになる不可食部分も含め、高騰する燃料代を負担し、CO2を排出して都市へ運ばれ、そこで生み出されたゴミは、再度、処分場まで、燃料代とCO2を排出して輸送され、処理されている。

これに対し、大規模直売を軸にした流通システムでは、輸送代、包装資材費が大幅に削減され、産地から消費地までの遠距離輸送によるCO2の発生も抑制される。さらに不可食部分や加工残渣のリサイクルという点でも直売システムは優れている。肥料として畑地に還元する場合も、地元畜産農家へ飼料として還元する場合も、より少ない輸送燃料費と、CO2排出で実現できる。

先に述べたジャパン・シンドロームを持ち出すまでもなく、東アジア諸国は急速な経済成長とともにわが国と類似した、食糧・農業問題に直面し始めている。ここで注目した省資源的な食・農システムはこれら諸国の問題緩和のモデルとなり、資源インフレ時代の、外交・経済交渉上の戦略的武器にもなりえるのではないか。

日経・6月11日朝刊
2008/07/16 09:54|fujibijinのブログTB:0CM:4
clover「bolo」さんの焼き菓子店 秋にオープン

boloさんの焼き菓子

「甘くてすっぱい」「甘くてちょっとショッパイ」そんな感じが好きな私。
「bolo」さんのお菓子は、どこかに必ずピリッと効いた塩味や酸味がひそんでいたりして、いただくのが勿体無いようなお菓子です。
右上の【ロミアス】は、サクサク感がたまらなくおいしい。たっぷり入った中央のフロランタン(ナッツの飴がけ)。ナッツ部分がポロポロこぼれてしまうので、勿体無い勿体無いと集めて食べてしまいましたが・・・ちょっとお行儀が悪いかな。
おかみさん会の○○さんは、このロミアスが一番おいしかったそうです。私もそう思います。
お客様にお出しするより、一人でこっそり食べたいお菓子です。
その下の【アプリコットケーキ】をいただきました。う~ん、アプリコットの酸味がいいな~。ケーキも緻密で繊細。
下の段の左から二番目の黒いお菓子【黒糖黒ごまフィナンシェ】。お煎茶に(日本茶)に合うお菓子をリクエストさせていただきましたところ、フットワーク抜群の「bolo」さんが、すぐに焼いて下さったお菓子です。ゴマがたっぷり入っていておいしくいただきました。
もう少し小さめで一袋に二個ほど入っていると食べやすいかな。黒ゴマとピーナッツなんて組み合わせも楽しい。
【チョコボール】は、チョコレートがちょっと大人風、甘さ控えめなチョコ。中にナッツが入っていて「一粒で二度おいしい」。チョコレートの層がもう少し厚いと三度おいしいチョコボールになりそうです。
ゆうこさんの焼菓子

上の写真は「楽々市」にオープンした裕子さんのお店「bolo」。この時のヒット商品は一連に5個入ったクッキーと塩キャラメル。
裕子さんらしさが、それに詰まっていました。
これからも色々な事に挑戦してみて欲しいと思います。クコや松の実や素材は無限です。
小麦は体を冷やす素材ですから、米の粉をもっと利用したり、温める素材と組み合わせたり。
楽しくなりそうな予感です。遠くから応援したいと思います。
もうすぐオープンの「bolo」さんのお店のHPです。皆様もぜひ応援して下さいね。
特に、卵アレルギーの方に朗報!
安全安心な、おいし~いお菓子も定番の商品として取り揃えてくれています。
「楽々市」で良いご縁をいただきました。
星交通事故後の傷跡まで消えた「ピュアブライトエッセンス」

全薬工業のピュアブライトエッセンス(美容液・ジェル乳液)は、“もっときれいになりたい!”方の必需品です。「富士美人」美白バージョンとして「望月しょうせいどう」の推奨品です。女性にも男性にも大好評!

230purebrite
全薬工業 アルージェ ピュアブライトエッセンス 30g ¥3,360(税込み) ご購入はネットショップで!

■テーマはお金をかけずに美肌三大効果 
 ①シミを消す
 ②シミを作らない 
 ③血行をよくしてブライトアップ

アルージェ ピュアブライトエッセンスはこんな商品です!
 乾燥肌・敏感肌・くすみ・シミ・しわで悩む方に。 「アンチエイジング」がテーマです。
「くすみのない肌色への回帰」は、すべての人のあこがれの肌です。
アッ!とおどろく瞬間ブライトアップ効果。お肌が白くなります。
 朝晩、化粧水の後パール粒大をお肌にのばします。
 吸い付くような「モチモチ肌」に!目標は赤ちゃんのホッペ。
 他の化粧品との相性も抜群。あなたのスキンケアのお仲間にアルージェ ピュアブライトエッセンスを入れて下さい。

アルージェ ピュアブライトエッセンスは、「富士美人」アピットジェルの姉妹品です。

アルージェ ピュアブライトエッセンスは、コスメシューティカルの代表的なスキンケア化粧品です。当店でも太鼓判つきです。
※コスメシューティカルとは、化粧品ではありますが、確かな効果が実感できる"効く化粧品"のこと。
これからのスキンケア化粧品の主流になります。

「3ステップ・ナノ・パーティクルシステム」で、オバ肌を克服!
 紫外線、日常の摩擦、活性酸素が原因で、お肌が老化していきます。アルージェ ピュアブライトエッセンスは、3つの美白関連成分をナノ粒子化することにより、3ステップで、肌の表面→角質層→さらに奥へ働きかける「3ステップ・ナノ・パーティクルシステム」(図参照)で、お肌のキメを整え、健康で美しい肌質へと導きます。
purebritefig

トコトリエノールのすばらしい抗酸化作用・血流促進作用
 ビタミンEの一種ですが、 ビタミンEの数十倍の抗酸化作用で注目されているトコトリエノール。お肌のくすみやシミに、非常に効果があります。
シミには黒と黄色の色素が含まれています。 黒の色素を取り去っても黄色の色素が残ります。黄色の色素を透明化するためには、赤い色素が必要です。この赤い色素こそ最も大切な血液なのです。シミの色素メラニンを透明化し、瞬間的に血流を良くするトコトリエノールは、すべての人の肌質改善に最適です。
トコトリエノールは、シェルクルール化粧品の最高級オイル(オーパーリバース)にもたっぷり使われています。

アルージェ ピュアブライトエッセンスの特長
弱酸性 / 無香料 / 無着色 / 界面活性剤無添加 / ノンアルコール / ノンパラベン / パッチテスト済み


にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村
2008/07/03 09:26|スキンケアTB:0CM:0

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Copyright(C) 2006 「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.