「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報

「皮ふは内臓の鏡」といわれます。このサイトは、家族全員「素肌美人」をめざして、トータルな健康美を提案してまいります。

CalendArchive

旬の花時計

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

かぐや姫の手紙

Author:かぐや姫の手紙
霊峰「富士山」を仰ぎ見るJR富士駅前商店街で、薬屋を開業して105年。
「皮膚・漢方・サプリメントの専門店として地域の元気を応援しています。
自律神経失調にお悩みの方、アトピー・アレルギー・イボでお悩みの方ご来店下さい。
お悩みに応じた様々なスキンケア化粧品を数多く揃えております。

※『健康情報』などは、店主tasogareが担当。
※『スキンケア情報』などは、fuji・bijinが担当しています。

最近のコメント

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
今年消えてしまった風景
今はもう走っていない湘南色(静岡色の方がピッタリの)113系  (潤井川鉄橋)
身延線と富士山

113系
JR東日本で使用されていた113系(湘南色)1962年(昭和37年)に先行開発された上記の111系をもとにモーター出力が強化された形式。1963年から1982年にかけて約2,900両もの多数の車両が製造され、主に本州内の平坦で温暖な地域の路線で広く普通列車から快速列車に用いられた。また、関連系列として、寒冷・急勾配路線用に平行製造された115系がある。

JR移行後の現在も東日本旅客鉄道(JR東日本)・東海旅客鉄道(JR東海)・西日本旅客鉄道(JR西日本)・四国旅客鉄道(JR四国)の各社に多数在籍しており、主に普通列車に運用されている。  (ウィキペディアより)

街の中の風景も、見慣れた身延線の列車の風景も、少しづつ変化しているので気がつかない事が多いですね。
今年は、特に変化が多かった年でした。政治から身の回りの些細な事まで。
来年はどんな年になるのやら。でも元気出して参りましょう!
スポンサーサイト
2007/12/29 11:02|fujibijinのブログTB:0CM:8
今年最後の「楽々市」
前夜からの冷たい雨。早朝も雨・・・・12月23日(日)の「楽々市」は雨で始まりました。
でも、誰もが皆、雨が上がると確信していました!「楽々市に雨無し」のジンクス通り、見る見る青空が広がり10時までには、真っ白な富士山を仰ぐ事ができました。
富士市大渕の福祉作業所「よつば工房」では、恒例のお正月飾りが並びました。
年々需要が増え、予約者多数で「楽々市」に回していただける数も限られていますが、飛ぶように売れていました。開店時間の10時前からぞくぞくと人出があります。お馴染みさんが多いようです。
よつば工房

お隣の「森メガネ店」さんでは、毎月アクセサリーがお手ごろ価格になります。
キレイな天然石のネックレスは、セーターを着込む季節には重宝です。今回は、右側のブルー系のネックレスがいいな。
森メガネ店

なないろ畑のえりさんも、すっかり「楽々市」に溶け込んでいます。
子供さん連れの若いパパ・ママが増えています。安心・安全なおいしい野菜を楽しみにしています。
なないろ畑えりさん

「望月しょうせいどう」前の石田さんの貸し店舗。久しぶりにシャッターを開けてお掃除をしています。チャレンジショップ「開拓舎」として使わせていただきます。「成功舎」に生まれ変わりますように!
石田さんの貸し店舗

おかみさん会「開拓舎」出店について

①出店希望者は「参加申込書」を提出してください。

②出店者は、おかみさん会が目指す「街の賑わいを創出するための取り組み」を充分ご理解いただき、ご賛同いただいた方が対象です。

③グループでの参加者は、実際に出店するグループの中から代表者を選出して下さい。

④グループの出店の場合でも、一店舗一日1,000円です。

⑤駐車場の件は検討いたしますので、ご相談下さい。

⑥商品販売に限らず、展示にもお使いいただけます。
開拓舎から成功舎へ
富士本町おかみさん会 「空き店舗チャレンジショップ開拓舎」について
駅前商店街

日頃おかみさん会に対し、ご理解とご支援を賜り、心より感謝申し上げます。
おかげさまで「おかみさん会」の活動も10年という長い歴史を刻んで参りました。
近年、女性の社会進出や車社会の到来で、ライフスタイルも大きく変化いたしました。
商業のスタイルも昔ながらの対面販売からセルフ販売にバトンタッチしたかに思われます。
地域文化もすっかり消えてしまったように見える昨今でございますが、本当に消えてしまったのでしょうか?
そんな事はないと思います。なぜなら、毎月最後の日曜日に開催される「本町おかみさん会・楽々市」は、大変賑わって参りました。
老若男女が、楽しげに街でおしゃべりをしたり、出会いの場にもなってきております。また「楽々市」名物のミニ丼や手作りの手芸品や陶芸作品等を楽しみに見にいらっしゃる方も大勢いらっしゃいます。
この現象は、ただ単に廉価なものをお求めにいらっしゃるという事ではなく、人と人との人情味溢れる、昔ながらの「商い」(あきない)の形が好感を持たれているからだと思います。

さて、おかみさん会では、一月より空き店舗対策として、店舗のオーナーさんにご協力いただき、チャレンジショップの支援事業を始めようと計画いたしました。一月の「楽々市」からスタートいたします。今回3店舗のシャッターを開けることにいたします。一店舗に数人のチャレンジャーの方にご利用いただき、チャレンジしていただく事にいたします。
おかみさん会で応援いたしますので、ぜひご参加下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おかみさん会チャレンジショップ「開拓舎」 <募集要項>
 *期間 1月の「楽々市」より3月31日まで その間何日でも使用可
     (ただし店舗の借り手が現れた場合はご容赦下さい)
 *出店費用 一日1,000円(1名あるいは、1グループ)
 *対象 手作り品を展示、販売したい方・その他将来お店を持ちたい方
 *対象店舗は以下の三店舗(一店舗に数名の方の出店OK)
    石田さんの店舗(森メガネ店前)
    マルトウさんの店舗(レストランマルトウ隣り)
    お菓子の松柏堂さんの店舗(松柏堂隣り)
申込み・問合わせ
富士本町おかみさん会会長 森のり子 ℡61-0455
〃  副会長兼事務局 望月由紀子 ℡61-0034
e-メールアドレス fujibijin@shohseido.com
深谷ネギ
埼玉の友人からどっさり深谷ネギが届きました。
早速、すき焼きをしてたっぷりネギをいただきました。お肉は久しぶりで、体の芯まで温まりました。葉の先端までいただける関東の根深ネギは、冬野菜の王者です。

ネギの原産地は中国の西部、渡来したのは「日本書紀」(720年)に岐(き)、秋岐(あきき)の記述があることから見て、かなり古い時代と考えられる。
【名前の由来】・・・漢名の葱(そう)に対して岐(き)また紀(き)と読ませ、「農業全書」(1697年)葱をキと読ませている。
今日のネギの呼び名は元禄時代前後から、漢字では根葱と書くが、これは白い根(実は茎)を食べることに由来している。
【関東と関西の違い】・・・関西人は関東の田舎者は葱の白い根まで食べると笑い、江戸っ子は逆に、関西人はケチだからネギの青いところまで食べると笑うという話が、江戸の頃からあった。これは、関東のやわらかいローム層の畑では白い部分の多い東京ネギになり、京都付近の粘土質の畑では、青々とした九条ネギになるからである。
関東のローム層を作ったのは、度重なる富士山の火山灰ですから、富士山が作ったネギですね。意外な所で富士山の恵みを感じます。
【薬効と用い方】・・・かぜ・頭痛・解熱に!
ネギの白い部分をこまかく刻み、厚手のどんぶりに入れる。これに生味噌少々入れて熱湯を注ぎ、よくかきまぜて熱い汁とともにネギを飲む。分量は大人で1~2本を用いる。(主婦の友社版 薬草カラー大図鑑より)
深谷ねぎ
明るい性格の友人Yさんは、いつも憧れのお姉さんです。出会いは、平成7年「お肌の学校」を主催するシェルクルール化粧品の一泊研修会(伊豆)でした。
同封していただいた埼玉県ふじみの市(旧上福岡)「社協だより」をめくってみると・・・
ふじみの市社協新聞

山口薬局「向日葵クラブ」が写真入で掲載されているではありませんか!
それも気功体操のお仲間の参加費を全額寄付なさっていらっしゃいました。
なかなかできる事ではありません。ご主人の病気を契機にお始めになった気功体操が、今では様々な方のお役に立っているのですね。
「あったかい地域づくり」活動ですね。静岡県でもそんな試みができるといいですね。
山口薬局向日葵クラブ
2007/12/20 09:17|fujibijinのブログTB:0CM:4
メイ・ウシヤマ先生安らかに!
平成17年の7月にお目にかかったのが最期になりました。
まだまだお話も楽しく、しっかり現実を見据えていらっしゃいました。
六本木ヒルズができ、ヒルズ族が入居している超高層のマンションには暮らしたくないとのお話をなさっていらっしゃいました。
今思えば見識ですね。ホリエモンが入っていた例のマンションです。
六本木の本社ビルも、地区の再開発で以前の洋館(大使館)を解体してして今のビルが建ちました。昔がなつかしいです。20歳代に研修でしぼられた事を思い出します。月曜から金曜日まで、朝から晩まで講義と実習で、最期は試験でした。
メイ先生の講義が実に楽しく、その後40歳代で再び研修会に参加させていただきましたが、現実感のあるすばらしい講義でした。やはりカリスマと呼ばれる方だと感じました。
写真は、六本木本社ビルエントランスで撮影させていただきました。(平成17年)
六本木本社にて

下の写真は、10年ほど前に、再度研修会に参加させていただきました時の写真です。
気さくな先生で、どんな方とも分け隔てなくお話下さいました。
先生の提唱なさっているSBM運動。Skin・Body・Mind三大排泄理論はいつまでも生き続ける事と思います。また、私も継承して参ります。
Skin:お肌はいつも清潔に
Body:身体の中から美しく
Mind:心はいつも明るく

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
メイ先生と
2007/12/17 11:42|fujibijinのブログTB:0CM:4
今年最後の漢方講座
平成19年度、6回にわたる三河の広瀬先生の漢方講座も、今回が最後になりました。
先生は「漢方は間違いの歴史」とおっしゃいます。漢方に限らず、人類の歴史は間違いを克服し、学習する歴史と読むこともできます。
特に、医学や薬学は、生命に関わるナーバスな問題です。ごく最近でもC型肝炎ウイルスの薬害問題は大きな社会問題となっています。
広瀬紘一先生

今回は、「かぜ」がテーマでした。
先生のお孫さんの、一ヶ月近くこじれてしまった「かぜ」について、細かく解説して下さいました。こじらせてしまった原因がどこにあるのかも良く理解できました。(クリックしていただくと大きな画面になります)
2歳4ヶ月の女児が、かぜを引き38℃の発熱と咳が出ました。
小青竜湯がかつて効いたので、手持ちの小青竜湯を与えてしまった事からすべては始まりました。熱が出て寒気がない時に、身体を温める薬を与えてしまったのです。
発病から20日でようやく回復したそうですが、寒熱の取り違いは重大な結果を生みます。
症例研究

以前にも触れましたが、漢方は二元論の世界です。
かぜの場合は、基本的な状態『寒⇔熱・虚⇔実・湿⇔乾』を把握しなくてはなりません。
八鋼弁証イラスト

舌診も大事な要素ですね。
舌診

加齢性白内障は、体内環境を写しているとの報告がありました。
水晶体を濁らせない食事や生活習慣を身につけなければなりませんね。
手術をすれば良いと、安易に考えないほうが良さそうです。(クリックして拡大して見て下さいね)
白内障


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
2007/12/15 21:12|健康TB:0CM:4
ミカンのはなし①
先日の「秋の健骨度測定会」にご参加いただいた皆さん、とても好成績でした。なぜ好成績だったのでしょうか?ミカンの事を調べていく中で、ある程度理解できました。ミカンには、驚くべきパワーがありました!
近畿大学・薬用資源学研究室発行の「新聞」にミカンの事がいろいろ書かれています。ミカン王国の静岡県人としては、見逃せません。
写真のミカン畑は、富士川かりがね堤にあります。雪が消えかかった富士山がうっすらと見えています。
温州ミカン(うんしゅうみかん)がおいしくなる季節に「カンキツ類」について基礎的なことをご一緒に学びましょう。カンキツ基礎講座から資料をお借りしています。(かんきつ新聞VOL.1)
ミカン畑から富士山を望む

カンキツ類とは次の三種類の総称です。
  ①ミカン科のカンキツ(Citorus)族
  ②キンカン(Fortunella)族
  ③カラタチ(Poncirus)族
カンキツ類は主に温帯、亜熱帯および熱帯地域に広がる100余国の地域で栽培されています。カンキツ類の原産地は特定されておらず、中国南部からインドのアッサム地方に至るヒマラヤ地方と考えられています。
特にカンキツ類は自然交雑や突然変異が多く、原産地から世界各地に広がるにつれ、独自の品種や系統が生まれています。

カンキツ類の分類
非常に複雑で植物学的に形状、色、芳香性、皮の剥ぎやすさ等を基本に4つのグループに分けることが可能です。しかし、カンキツ類はこれらの間で簡単に交雑し、種々の特徴をもった交雑種が発生します。
①オレンジ ②シトロン・レモン・ライム ③マンダリン・ウンシュウミカン ④ブンタン・グレープフルーツ
ミカン

わが国在来のカンキツ
タチバナ(橘)、ダイダイ(橙、代々)、ユズ、シークワーシャー、ウンシュウミカンなどがあります。また、長い歴史の中では種々の品種が自然交雑や突然変異して、ハッサク(八朔)、夏ミカン、ヒュウガナツ(日向夏)、イヨカン(伊予柑)、サンポウカン(三宝柑)などの新たな品種もできました。
たわわに実るミカン

薬用資源としてのカンキツ類
カンキツ類はふるくから薬としても数多く用いられています。現在、厚生労働省の漢方薬一般210処方中1/4以上の処方にカンキツ類を起源とする生薬が含まれており、健胃、感冒時の鎮咳、去たん、咽頭痛の止痛などを目的に配剤されています。『第十四改正 日本薬局方(第一追補、第二追補を含む)』に収載されているカンキツ類を起源にする生薬だけでも『陳皮(チンピ)』(ウンシュウミカンの皮)、『枳実 (キジツ)』(色々なミカンの未熟果実) 、『橙皮(トウヒ)』(ダイダイの皮)と3種収載されています。
生薬としてのミカン

<ウンシュウミカン>(いつも食べているミカン)
未熟果皮・・・「青皮(せいひ)」
成熟果実の乾燥果皮・・・「陳皮(チンピ)」
漢方や生薬製剤に配合されています。
成熟果実・・・食用、民間療法として生のしぼり汁は手足の肌荒れに外用されたり、乾燥果皮が浴剤などにも応用されています。
未熟な落下果実・・・「小割枳実」
小さい丸のまま・・・「久丸枳実」
『第十四改正日本薬局方』では「枳実」の中に分類、薬能としては、主に健胃消化、風邪の予防および治療薬、鎮咳去痰薬、排膿薬として収載され、漢方製剤、生薬製剤中に配合されています。
現在では、抗アレルギー剤や抗炎症剤として用いられています。
<キンカン属植物>
一部は、生果としても消費されたり、シロップ漬け等の加工品として消費されています。
また、キンカンを焼酎に漬け込み薬用酒として咳止め、疲労回復にも用いられています。さらに、、中国明代の李時珍が著した『本草綱目』に初めてキンカンを薬用にした記録が「金橘(キンキツ)」としてでており、乾燥したキンカンは鎮咳、喉の痛みに用いられており、特に風疹にイセエビの甲羅といっしょに煎じて解熱と発疹の早期治療剤として広く用いられていました。
ミカン畑

最近話題のカンキツ研究
<生薬・陳皮>
パブロフ少胃増設イヌにおける胃液分泌促進作用
リパーゼの亢進作用
ウサギに胃内投与で胃運動を亢進する作用
<完熟したウンシュウミカン>
抗腫瘍作用
女性ホルモン様作用に基づく骨粗しょう症予防作用
細胞賦活作用
抗酸化作用

静岡県人は、ミカンの摂取が多く、抗酸化作用のあるお茶も消費量全国一と言われています。
ミカンの女性ホルモン様作用と若返りのお茶、それから小魚・シラス・桜えびに含まれるカルシウムをたっぷり摂取しているので、いつまでも若々しく元気なのです。

静岡の食文化は日本一です!
お茶の花

かりがね堤で見つけたお茶の花
2007/12/10 08:48|薬用植物TB:0CM:10
お肌の乾燥とアレルギーSOS!
韓国の報道でもSOS(中央日報)!

全国に黄砂警報拡大、今年最悪
モンゴルゴビ砂漠と中国内蒙古などからの今年最悪の黄砂が韓半島を襲撃し、全羅(チョルラ)南北道と済州(チェジュ)を除いた全国に黄砂警報が発令された。
1日、気象庁によるとこの日午前10時現在、黄砂警報が発令された所はソウル、仁川(インチョン)、京畿(キョンギ)、江原(カンウォン)、大田(テジョン)、忠南(チュンナム)、忠北(チュンブク)、大黒山島(テフクサンド)、紅島(ホンド)、大邱(テグ)、慶北(キョンブク)、釜山(プサン)、蔚山(ウルサン)、慶南(キョンナム)、鬱陵島(ウルルンド)および独島(トクト、竹島)などだ。また光州(クァンジュ)、全南(チョンナム)、全北(チョンブク)、済州(チェジュ)など残りの地域にも黄砂注意報が発令されており、黄砂警報に変わる可能性を排除することができないと気象庁は伝えた。
ソウルに黄砂警報が発令されたのは2002年3月21~22日、2002年4月8~9日、2006年4月8~9日に続いて今度が4度目だ。黄砂発生日数は今年に入ってすでに6日目だ。気象庁関係者は「今日は1日中、黄砂が降り続き、夜から明日午前にかけて徐々に弱まるものと予想される」としている。

(*独島?竹島は韓国ではないと思いますが・・・私見ですが)


いよいよお肌の乾燥する季節に入りました。
おまけにアレルギーも心配されています。黄砂によるアレルギーが無視できない事がわかってきたからです。(細かい砂は日本までやってきます。中国は急激な工業化が進み、単純な砂ではないのです。)
乾燥期にはちょっと油断すると、お顔の乾燥部位(口の周りや、目の周り)に粉がふいている事があります。
更年期などでホットフラッシュ(のぼせ)がきていると、もっと乾燥が進みます。お顔から水分が蒸散してしまうのです。
下のグラフは、気象庁発表のこの100年程の間の相対湿度のグラフです。
大気中の水分がどんどん減っている事が一目瞭然でわかります。減った水分はどこへ?
地球上の絶対水分量は変わりませんので、結果として海水が増え水位が上がっているのです。先日ご紹介したクリスマス島の塩も、サンゴ礁の島の水位が上がって塩田も水没してしまいかねません。
湿度の変化グラフ

人の皮膚も乾燥がすすんでいます。生活環境が良くなって更に肌の砂漠化が・・・!
意外と知られていないのがお風呂上りの乾燥です。グラフをご覧下さい。
    お風呂上りが危険
「お風呂上りが一番危険」とあリますが、実際には洗顔直後です。石鹸などを使いお湯で洗う方が多いと思います。
グラフでも明らかなように、5分で元の状態にもどります。お風呂もシャワーも同じことです。
そこでご紹介したいのが、アピットジェル「富士美人」保湿ジェル。
お風呂上りや洗顔直後に2~3プッシュ。お顔からお首筋、またボディーケアとしても最高。
お肌が喜ぶナノテク・スキンケア」です。ご一家でどうぞ。
「富士美人」アピットジェル

■『富士美人』について
有名メーカーの高いスキンケア商品だけがいいとは限りません。大切なのは使われている成分と、お肌への使用感なのですね。    
松生堂は美肌の専門店として、本当にお薦めできる商品だけをメーカー名にとらわれず、公正・中立的な立場から厳選しました。
使い続けるほどに、その良さを実感していただける自然化粧品、それが、「望月しょうせいどう」の『富士美人』シリーズなのです。 
『富士美人』の商標登録を取るきっかけとなったジェル化粧品が、最先端ナノ技術で創られた「アピットジェル」だったと言う訳です。  
さあ、NO.1『富士美人』アピットジェルの良さをご説明しましょう!  

アピットジェルはこんな商品です!
☆乾燥肌・敏感肌で悩む方に「超低刺激性」がテーマです。
☆ 家族全員「素肌美人」のナノテク美容液(ジェル)です。
☆ アッっとおどろく保湿力 ウルトラ吸収エッセンス
  最先端のナノテク技術・超高圧乳化法でナノ粒子を実現
☆ "お金をかけずにしわを消す!"ナノテク美容液(ジェル)
  なのに、リーズナブルな低価格。
☆ 朝晩、洗顔直後に2プッシュ、洗面所に置いて下さい。


■アピットジェル「富士美人」
 キュア(治療)からケアの時代にお肌のトラブルにたいしては、多くの皮膚科専門医が治療(キュア)とは別にスキンケアの重要性を説く時代になりました。
 しかし、敏感なお肌に使うスキンケア製品に刺激があっては、かえって逆効果です。そこでまったく新しい技術をもって製品化したのが、この界面活性剤を使わないアピットジェル「富士美人」なのです。
その新しい技術は、今注目のナノテクノロジー・超高圧乳化法です。


■界面活性剤は、なぜお肌に良くないのでしょうか?
 皮膚にうるおい感を与えるには、水分と油分を同時に補うことが大切です。すなわち、水溶性成分(NMF)と油性成分(皮脂膜の成分、細胞間脂質成分・セラミド)を同時に補う必要があります。しかしよく知られている通り、水と油は混ざらない為、通常界面活性剤を使用して、混ぜてやる(乳化)必要があります。
 ところが、いわゆる合成界面活性剤は、本来人体が持っている天然の界面活性剤(リン脂質)に比べて、細胞膜への作用が強いため、お肌の敏感な人は、ある種の界面活性剤や香料、色素が刺激となって細胞の障害を引き起こし、皮膚トラブルにつながることがあります。
 界面活性剤を使わない化粧品が肌に良いというのは、この為で、特に刺激に敏感な人には、界面活性剤無配合のアピットジェル「富士美人」をお勧めします。

■アピットジェル「富士美人」の6つの特長
1) 伸びが良く浸透しやすい保湿ミルクジェルです
2) 界面活性剤を配合していないので極めて低刺激性
3) 弱酸性・無香料・無着色・パラベン・アルコール無添加
4) 肌」の三大保湿因子 皮脂・細胞間脂質セラミド・天然保湿因子(NMF)を配合
5) 優れた保湿効果」が長時間持続します。
6) 二つの消炎成分が肌荒れを防ぎます

■効果

アピットジェルには、以下のような効果があります。

アトピー肌(超乾燥肌)のために、潤いを長時間キープ。
肌あれ、あれ性。皮膚の乾燥を防ぐ。皮膚にうるおいを与える。
皮膚を保護する。 日焼け・雪焼け後のほてり。肌を整える。
皮膚をすこやかに保つ。

■使い方
 入浴後や洗顔後に、アピットジェルを手の平に適量をとり、お肌になじませるようにのばしてください。
特に、朝晩の洗顔直後にお顔や首筋に!小じわ予防効果大です。

■有効成分
 ε―アミノカプロン酸  グリチルリチン酸ジカリウム

■保湿成分
  ビオセラミド  ヒアルロン酸ナトリウム  コメヌカエキス  スクワラン

     アピットジェル使用法

2007/12/06 09:27|スキンケアTB:0CM:4
地方再生はまちづくりから!

先日、静岡県選出の参議院議員の坂本由紀子氏の「岳南友紀会」に参加させていただきました。政府は「地方再生」を重要な政治課題と認識し始めました。
本日の日経新聞読書の欄に、興味深い書評が書かれてていました。
比較的東京に近い東海の街でも、更に遠く離れた地域でも同じような現象が起きています。
農作物でも、漁業でも地方が都会を支えているはずですので、地方の崩壊は都会の崩壊を意味しています。食品や生活必需品の多くを海外に依存しているので、地方とは日本国内にとどまらない事も意識しなくてはなりません。ちょっと長いですが、書き写しておきます。

書評は下記の4冊の本が中心になります。
地方を殺すな!』 三浦展著
中心市街地の成功方程式』 細野助博著、
「村」が地域ブランドになる時代』 関満博・足利亮太郎編
(関先生は、NHKのラジオ放送でもよくお話を聞いています。実に緻密にフィールドワークをなさる方です。)
そうだ、葉っぱを売ろう!』 横石知二著 先日横石氏の講演を聞いたばかりです。
イオン富士南SC

地方幹線道路を車で走ると郊外型大型店が並ぶような風景に出くわす。一方で中心街はにぎわいをなくし、街は『へそ』を失った。無味乾燥な景観はその地域固有の歴史や文化の破壊を伴い、住民のきずなまで弱めている。

●危うい大型店依存
 まるでファストフードのように画一的な地方都市の姿を、『下流社会』の著者でマーケティングアナリストの三浦展氏は「ファスト風土」と名付けた。『地方を殺すな!』(洋泉社MOOK 2007年)はファスト風土化がもたらした地域の姿を多角的にリポートし、郊外型大型店に依存する危うさと犯罪が急増している現状に警笛を鳴らしている。
 ファスト風土化は先進国に共通する現象という。本書では米国やドイツなど海外の事例も紹介し、住民合意に時間をかける「スロー風土」な街づくりを提案している。
 郊外型の大型ショッピングセンターは地方に雇用と税収をもたらしたが、一部の地域ではすでに過当競争を引き起こしている。大型店が撤退したら街はその後どうなるのか。
 細野助博著『中心市街地の成功方程式』(時事通信社、2007年)は、「メガモール」時代はいずれ終わると指摘したうえで、車を利用できない高齢者の利便性を高め、環境配慮型の生活様式に転換するために中心市街地の公共性を再確認する必要があると主張している。
 そのうえで、各地の事例を参考に人づくりや情報化、大学との連携など再生への条件を提示する。細野氏は「まちづくりこそ地方分権の出発点でもある」と述べる。まさに、至言であろう。
 規制緩和が郊外開発と市街地空洞化を加速したのは事実だろうが、農地転用に寛容な行政や土地の売却益を狙う地権者の存在抜きに現在の地方都市の惨状はあり得ない。中心街の衰退の一義的な責任も意欲に欠ける商店主自身にある。
 政府はまちづくり三法を改正し、従来の政策を軌道修正した。ただし、地域住民がそれぞれの利害を超えて街の将来像を共有しない限り、にぎわいを回復することは難しいだろう。
地方都市が個性を失う一方で、山間部などの過疎地はまさに存続の危機に直面している。
高齢者の割合が半数を超し、相互扶助機能が低下する「限界集落」も年々増加している。
 そうした集落を多数抱え込んでいるのが村だ。「平成の大合併」以前に約570あった村は今では195と三分の一に減った。村が一つもない県も13ある。しかし、村の減少は反対にその希少性を高めたともいえる。

地域資源を生かす
 関満博、足利亮太郎編『「村」が地域ブランドになる時代』(新評論、2007年)は、自ら自立を選んだ村を幾つかに分類したうえ、北海道中札村や岡山県新庄村など十地域の取り組みを紹介している。
 地域そのものがブランドになるためには明確なビジョンとリーダーの存在、村民が一体となった取り組みが必要だと指摘する。そうした村でも人口減は止まらないが、都会からの移住者が増えてきた地域もある。
 地域資源を生かした成功例として各メディアに頻繁に登場しているのが、様々な葉を料亭などで使う妻物として販売する徳島県上勝町である。その商売の発案者である横石知二氏が書いた『そうだ、葉っぱを売ろう!』(ソフトバンククリエイティブ、2007年)は農協職員になって以降28年に及ぶ横石氏と住民の奮闘記である。本書を読むと他人に期待するだけだった住民がなぜ変わり、町がよみがえったのかがよくわかる。
 横石氏は全国の過疎地で進む「気の空洞化(住民がやる気そのものを失うこと)を嘆く。
地域再生に関心がある人に勧めたい一冊である。  (日経新聞社 編集委員 谷 隆徳氏)

そばを干す

(富士市大渕地区 豊かな自然が息づく富士山麓の山里)


昨年、「シーラカンスのように生きよう」という記事を書いた事があります。
・・・なぎらけんいち氏は、だいぶ前でですがラジオ番組「日曜喫茶室」で、街づくりについて話しています。いいお話だったのでメモしておきました。

☆生き残る街とは?
 ●回遊性のある街
 ●時間をかけてできあがった街

☆どんな街づくりをしたら良いか?  
 ●観光を中心としない街づくり
 ●文化を考えて街づくり
 ●誇りを持てる街、誇りがないと思ったら誇りを作る、見つける街づくり

*先日NHKで「ワーキングプアー」(だったと思います)と言う番組を放映しておりました。秋田の角館の観光地周辺の商店街の様子や武家屋敷のテーマパークの中で漬物を販売している農家の様子等を見ていて、日本人の好きなテーマパーク観光は、周辺の地域文化や商業環境を破壊するだけだと痛感しました。ですから、本当に観光を中心にしてはいけませんね。おまけの観光位がよいのです。
2007/12/02 19:12|本の案内TB:0CM:12

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Copyright(C) 2006 「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。