「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報

「皮ふは内臓の鏡」といわれます。このサイトは、家族全員「素肌美人」をめざして、トータルな健康美を提案してまいります。

CalendArchive

旬の花時計

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

かぐや姫の手紙

Author:かぐや姫の手紙
霊峰「富士山」を仰ぎ見るJR富士駅前商店街で、薬屋を開業して105年。
「皮膚・漢方・サプリメントの専門店として地域の元気を応援しています。
自律神経失調にお悩みの方、アトピー・アレルギー・イボでお悩みの方ご来店下さい。
お悩みに応じた様々なスキンケア化粧品を数多く揃えております。

※『健康情報』などは、店主tasogareが担当。
※『スキンケア情報』などは、fuji・bijinが担当しています。

最近のコメント

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

最近のトラックバック

酒粕と米麹のブレンド「ほっこり甘酒

甘酒 (米麹の甘酒は酵素類、ビタミン、アミノ酸、コウジ酸、坑酸化成分たっぷり)
先日、nhkの「あさイチ」で放映された「酒粕料理」にヒントをいただきました。
「毎日たった50gほど摂取すると肌コラーゲンが増える!」何と魅力的な言葉でしょうか。
年を取ると何となく頬がふっくらとしてくるので(垂れ下がってくる!)、コラーゲン効果と言われても、すぐには信じがたい・・・。酒粕の甘酒は、お酒に弱い方には抵抗があるかもしれません。
その上、加える砂糖の量も気になります。
テレビでは、1日の摂取量50gを2週間続けると、モチモチ美肌になるとのこと。
酒粕に含まれる「α-EG」という成分が、繊維芽細胞に直接働きかけて肌コラーゲンの増殖を促すと言われているそうです。
美肌のため、毎日酒粕の甘酒を続けるのも飽きてしまいそう。そこで、

“私流 甘酒いかがでしょう!”
材料)米麹の甘酒(加糖タイプ)+酒粕100g(あらかじめ200cc位の湯で溶かす)+水(お好みの濃さに)
※飲む点滴と言われる米麹の甘酒は、砂糖を加えていないものと、砂糖を加えたものと2種類販売されています。我が家では、無加糖の方を飲んでいましたが、酒粕とブレンドした場合は、砂糖を足さないと美味しくありません。それだったら、加糖された米麹の甘酒が簡単でいいかなと試してみましたら、正解でした。甘み控えめの「ほっこり甘酒」の出来上がり。それから、酒粕は吟醸酒のものが、すぐに溶けて使いやすく、また美味しいですよ。新酒が出回る時期には、スーパーでも吟醸酒酒粕が販売されています。

甘酒にコラーゲン投入!
1型コラーゲン、2型コラーゲンの入ったサプリメント「コラーゲンGスーパー」を入れてみました。
ほんのり甘酸っぱい初恋の味に!


美肌コラーゲン入り甘酒


にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村  
2018/02/05 11:45|美肌レシピTB:0CM:0
モロヘイヤ夏野菜の女王です
生まれはエジプトですから、クレオパトラの美しさや強さもモロヘイヤが支えていたと、私は信じています。
癖のない味で、アクも少なく、食べ過ぎても害になりません。
夏場には、毎日食卓に載せたい野菜です。
特にお年寄りには、最高のごちそうです。独特のヌルヌルが嚥下を楽にしてくれます。
ご飯にのせたり、麺類にのせると、緑のトロロになります。老人食・病人食にも利用したい野菜の女王です。
モロヘイヤ

<驚異の成分>
β-カロテンやビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEなどのビタミン類、そしてカルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルが多く含まれている栄養価の高い緑黄色野菜です。

<ナンバーワンのカルシウム含有量>
カルシウムは100g中260mg含まれます。
パセリが一番多い(290mg)のですが、パセリを100gも食べる人はいませんので、実質ナンバーワンです。
ホウレンソウやブロッコリーも多いですが、比べものになりません。
モロヘイヤは生では食べませんが、茹でてもカルシウムの含有量はわずかしか減りません。

<βーカロテンの宝庫>
モロヘイヤのカロテンの含有量は緑黄色野菜の中でもトップクラスです。
にんじんは油で処理するとβーカロテンが壊れないといわれますが、モロヘイヤは油で処理しなくてもおいしくいただけます。
最近ではシミを消す成分として、化粧品などにも使われています。
また、カロテンには、老化を防ぐ働きや粘膜の健康を保つ働きがあります。
動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病予防、ガンや成人病の予防効果でも注目されています。

<ネバネバ成分ムチン>
生葉を刻むんでも、茹でた葉を刻んでもオクラのような粘りがあります。
ネバネバ成分のムチンはお通じも良くしますし、糖尿病にも効果があります。
ムチンは糖質とタンパク質からできた多糖質で、胃の粘膜をうるおし、保護する働きがあります。
肝臓や腎臓の機能を高める作用もあり、細胞を活性化し、老化の防止に役立ちます。水分を吸収し胃や腸管を刺激することで、便秘改善に役立ち、コレステロールや血糖値の上昇を抑える働きがあると言われています。

<豊富なビタミン類>
ビタミンB1、B2は、ほうれん草の5倍、その他にも、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、鉄などが豊富に含まれています。

<簡単な調理法>
我が家では『ナイルの宝石』と呼ばれ、大人気のモロヘイヤ。大きなサラダボールに作り、冷蔵庫で冷やしていただきます。
~『ナイルの宝石』作り方~
①大きな鍋に湯を沸かし、塩を入れオクラを茹で、柔らかくなったら冷水にとり冷まします。
冷めたら、輪切りにしてサラダボールに入れておきます。
オクラ

②オクラを茹でた湯でモロヘイヤを茹でます。すぐ柔らかくなりますのでザルに上げ冷水で冷まします。
ザルに入れたモロヘイヤは、ザルの上から手の平でギュッと押して水分を絞ります。
絞ったモロヘイヤをまな板に載せ、包丁でたたいて刻みます。
オクラの入ったガラスボールに刻んだモロヘイヤを入れます。
味付けは塩昆布。
モロヘイヤと塩昆布

お好みでエノキタケのビン詰も入れてください。
エノキタケは、ダイエットに注目されています。
モロヘイヤとエノキタケ
あればネバネバ系のメカブを混ぜてもおいしいです。
くせがないので、何でもOKです。
ぜひお試し下さい。
モロヘイヤで夏バテ知らず!


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
2013/08/10 14:52|美肌レシピTB:0CM:0
玉ネギがピラミッドを作った!?

タマネギ  ピラミッド
古代ギリシャの歴史家ヘロドトスの著書「歴史」には、ピラミッド建設に従事した労働者の食事に、スタミナ源として毎日玉ねぎが支給されていたことが書かれています。
しかし当時は、玉ねぎが高価だったため、ばく大な出費になったとか。
私の大好きなキャベツもモロヘイヤもエジプト原産ですので、ナイル川の恵みが現在も脈々と生きています。

■玉葱について
体質別食生活実践マニュアル本。
食材の正しい摂り方と調理法など、とても役立つ一冊の本があります。
梁 晨千鶴(りょう こうせんかく)著「東方栄養新書」(メディカルユーコン社版)
東方栄養新書

下記の表をご覧ください。体質相性の表に△がついています。
玉ネギ
△の意味は、次の通りです。
タマネギはピリ辛味(辛)で身体を温める作用と、気を昇らせる作用を持ちます。
生は軽く発汗させる作用や、肌の老廃物質を吹き出すさようがあり、肌の美容に良いのですが、
その性質により体に余分な熱がこもりやすいので、もともと熱っぽい「肝陽抗盛」や「陰虚」の方は控えめに。
いつものぼせ気味だったり、体や火照ったりする方は、食べ過ぎは気を付けてください。

エジプト美人【肌の天然美容品】として注目されているタマネギ
◎栄養素の上手な採り方
 タマネギ辛みを軽減するために、水につけたりして生で食べるのは一般的な方法ですが、そうすると有効成分のアリシンは減ってしまいます。
余り長く水につけないようにしましょう。春先のタマネギは辛みがあまりありませんので、水につけなくてもおいしくいただけます。
また、炒めものの最後にタマネギを加えると良いでしょう。
タマネギは肌のシミに良く、特に生のままで食べると効果的です。

     【話題の栄養素】
カリウム・・・カリウムの利尿作用によりむくみを消す効果があります。

アリシン・・・タマネギの辛みにはアリシンという成分が含まれています。アリシンはビタミンB1の吸収を高め、新陳代謝を促進して体力をつける作用を持ちます。
また、胃の消化を助け、食欲を増進させる作用もあります。さらに発汗作用もあり、皮膚の毛穴の老廃物を吹き出させ、肌の新陳代謝を促進します。
そして最近、アリシンは発がん物質を肝臓で分解する酵素の働きを助ける作用もあることが分かりました。加熱するとアホエンになります。

ケルセチン・・・フラボノイド類で抗酸化作用があり、血圧降下の効果もありますが、タマネギのきつね色の皮に多いのでケルセチンを摂るなら皮も一緒に煮る方がよいでしょう。
・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
<朝の食卓に、おいしいタマネギサラダはいかがですか?>
辛みのない新タマネギを薄くスライスして、今が旬のスナップエンドウ(茹でてさましておきます)、ラデッシュを塩で辛みを取り、絞ってからビニール袋に入れてバーモン酢でもモミモミするとおいしい。
全部混ぜてトマトを飾ります。これで4種(4色)の野菜が摂れます。
このサラダは、写真右側の、日本オリーブ社製「地中海風ドレッシング」が合います。
「望月しょうせいどう」で販売しております。200ml 750円
 
玉ねぎサラダ    日本オリーブ地中海風ドレッシング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
2013/04/26 10:33|美肌レシピTB:0CM:1
サンマのつみれ鍋 を作りました
街の中心街が消店街化してしまい、海が近いのに魚屋さんがなくなってしまいました。
新鮮な魚はどこへ行ったのでしょう?
そんな訳で、気軽に買える冷凍サンマを使って“つみれ”を作りました。
とても美味しくできるので、ご紹介いたします。サンマが一番おいい出汁が出ます。

  冷凍サンマ  すり身鍋 

 


用意するものは、サンマの他にこの車麩。これがなければ、普通の麩を細かにくだいたもの。
小麦粉の変わりに使います。ハンバーグにもパン粉の代わりにいれると、レストランの味になります。
 車麩 粉末車麩

 

サンマは、解凍して三枚に下ろし、皮をはぎます。
難しかったら、スプーンで身をこそげるようにします。骨についた身もしっかり取ります。
フードプロセッサーがあればよいのですが、我が家はすり鉢で。
生姜の絞り汁、味噌少々を入れて、身をすりつぶします。
そこへ卵黄、麩の粉末を入れます。麩の量は身が団子状にできる固さになるよう加減して下さい。
最後にねぎを入れてさくっとかき混ぜます。
サンマすり身    すり身に麩

 

ちょっと濃い目の白だしを入れた鍋に、団子状にしたつみれを入れていきます。
土鍋に白菜や椎茸、帆立貝などを入れ、蓋をして火にかけます。蒸された野菜から水分が出るので、鍋には何も入れません。
つみれが浮いてきたら火を止めます。
土鍋の中に水分が出てきたら、一気につみれを汁ごと入れ、水菜や豆腐なども一緒に入れて下さい。
すり身団子   鍋の準備    

 


さあ出来上がりました。熱々でいただきましょう!ゆず酢などがあったら更に美味しくなります

すり身鍋 

サンマにはたくさんの栄養が含まれています。「 釧路市漁業協同組合サンマ(秋刀魚)大辞典 」より引用
必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のタンパク質や貧血防止に効果のある 鉄分、粘膜を丈夫にするビタミンA、また骨や歯の健康に欠かせないカルシウムとその吸収を助けるビタミンDも多く含んでいます。
今話題の頭の良くなるとわれているDHAには下記の表の効能以外にも中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果があり、体系の気になる方、育ち盛りのお子さんからお年寄り、閉経後の女性とまさに老若男女に効果的な万能の食材と言えます。

また、サンマに付き物の大根おろしには、焼き魚のこげ部分の発ガン物質を
分解する酵素(アミラーゼ)が含まれており合わせて食べるとまさに一石二鳥です。

サンマに含まれる栄養素 栄養素 効能 100g当りの含有量
EPA・・・ 血小板の凝固を抑え、血液をサラサラにする。また糖尿病の合併症を解消し、炎症を鎮める作用や抗腫瘍作用もある。 844mg
DHA・・・ 脳の発達の維持に効果を発揮する事から記憶力の向上や脳の老化防止に効果あり。また善玉コレステロールを増やす。 1,400mg
ビタミンA・・・ 皮膚や目の粘膜を健康に保つ働きや、成長促進作用があります。またガンの予防や治療に効果があります。 13μg
ビタミンD ・・・カルシウムやリンの吸収を促し、血液中のカルシウムをコントロールして骨を丈夫にします。 19μg
ビタミンE・・・ 血流を改善する作用、ホルモンの分泌やバランスをコントロールする働きがあり、老化の原因の過酸化脂質の形成を妨げる。 1.3mg
ビタミンB2・・・ 脂質や糖質の代謝を促進させ、細胞の再生や成長を促進する働きや粘膜を保護する働きもあります。 0.26mg
カルシウム・・・ 骨や歯をつくる。血液の中性を保ち、凝固を助ける。心臓や筋肉の収縮作用・抵抗力を増し、神経の鎮静作用がある。 32mg
鉄分・・・ 赤血球中のヘモグロビンの合成に必要で、体の各器官に酸素を運ぶ働きをする。 1.4mg


2010/03/04 15:01|美肌レシピTB:0CM:0

「駿河ルビー丼」ルビー巻変身!
富士本町おかみさん会「楽々市」で販売されている幻のルビー丼。 
 表彰状     コンクールルビー丼    駿河ルビー丼
清水みなと・まぐろどんぶり全国コンテストで銀賞をいただいたどんぶりです。 

節分の恵方巻きに、このルビー丼を巻いちゃいました!

駿河ルビー巻 

材料は、いつものマグロの剥き身、素揚げの桜えび、大葉です。

美味しくて、あっという間に完食!(三人家族ですので食べすぎ・・・)

ルビー巻き材料 

 

◆桜えびに含まれるミネラル・セレ二ウムについて
 駿河湾岸の幸には、このセレ二ウムがたっぷり含まれています。中でも桜えびにはカルシウムはもとより銅も多く含まれ、最高の幸だと思います。
◆セレ二ウム(わかさぎ・いわし・玄米などに含まれる)
セレ二ウム(セレン)は、免疫作用にとても重要な働きをしているミネラルです。
細胞のいちばん外側の細胞膜にセレ二ウムの膜があって、外敵の侵入を防いでいます。そのため現在では、細胞を形成する上で、なくてはならない微量ミネラルのひとつに数えられています。
 また、セレ二ウムは、生活習慣病や老化の原因となる活性酸素を無害化してくれる働きもします。抗ガン作用があるとして、現在、米国で大変話題になっており、錠剤なども市販されているほどです。
 米国では、土壌中のセレ二ウム濃度が高い地域ほどガン死亡率が低いという調査報告があり、その土壌に育った農作物食べている住民の血中セレ二ウム濃度も高いのです。
 セレ二ウムは、わかさぎ、いわし、玄米、ホウレン草、柿、ニンニク、ねぎ、海藻などに含まれています。(大森隆史著『からだの毒消し生活術』より)


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
2010/02/04 10:59|美肌レシピTB:0CM:2

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Copyright(C) 2006 「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.