「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報

「皮ふは内臓の鏡」といわれます。このサイトは、家族全員「素肌美人」をめざして、トータルな健康美を提案してまいります。

CalendArchive

旬の花時計

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

かぐや姫の手紙

Author:かぐや姫の手紙
霊峰「富士山」を仰ぎ見るJR富士駅前商店街で、薬屋を開業して105年。
「皮膚・漢方・サプリメントの専門店として地域の元気を応援しています。
自律神経失調にお悩みの方、アトピー・アレルギー・イボでお悩みの方ご来店下さい。
お悩みに応じた様々なスキンケア化粧品を数多く揃えております。

※『健康情報』などは、店主tasogareが担当。
※『スキンケア情報』などは、fuji・bijinが担当しています。

最近のコメント

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
健康長寿を目指して、恒例の「健骨度測定会」を開催いたしました。
午前と午後の二回、楽しい健康サロンとして定着しています。
健骨度測定

全薬工業の宮木先生には、今年もカルシウムの講演をしていいただきました。
重要なミネラルであるカルシウムですが、血液中や体液などにカルシウム不足すると、自分の骨を削ってしまうことなど、
皆様ガッテン!していただけたようです。
カルシウム不足が高血圧の原因になる事も!
血液中に慢性的にカルシウムが減ると、骨を溶かして血液中に沢山のカルシウムがどっと溶け出します。
この必要以上に溶け出したカルシウムが、血管を取り巻いている筋肉細胞に入り込んで、異常に筋肉を収縮させてしまい、
血圧を上げることになります。ご用心、ご用心!
宮木先生のカルシウム講演

今回は、話題の毛細血管測定も致しましたので、毛細血管を元気にする秘策なども伝授していただきました。
商品開発部の若手研究者の桜庭先生の毛細血管若返り法。
健やかな脳、しなやかな身体活動は夢ではなく現実になりつつあります。
全薬工業商品開発課桜庭先生

カレーに含まれるウコン(クルクミン)          イチョウ葉エキス          ヒハツ(島胡椒とかピパーツ)
カレーライスイチョウの葉ヒハツ

上の3種類の食品に含まれる有効成分に脳の活性化、それを支える毛細血管の活性化(Tie2タイツ―酵素)成分含有!
そう言えば、インド人は認知症が西洋人に比べると1/4位、癌の発症率も低いと言われます。
毛細血管構造
毛細血管は、上のイラストのように、細くもろい内皮細胞壁細胞が支えています。
この壁細胞をつなぎとめて、毛細血管を丈夫に保つタイツー(Tie2)活性化にヒハツやニッキ、ルイボスティーやハスの実等が効果があります。
どの食材も、かつてテレビなどで紹介されたものです。
はるか昔から、健康長寿に使われていたものですが、だんだん科学的に解明されてきたわけです。
特に、二人に一人がガンになると言われる現代人。
抗がん剤も進化して来ましたが、毛細血管を丈夫にしておけば、がん細胞まで抗がん剤が届くことになり、より治癒率もアップします。
健康長寿を願って、クルクミン+イチョウ葉+ヒハツを効率良く吸収するよう、ナノ技術で製品化した全薬販売より新発売の「爽心明」(そうしんめい)。
将来を明るく語れる高齢者になりましょう!
爽心明
*一時流行したウコン。栽培して粉末化して飲んでいらっしゃる方も多いとおもいます。
天然物のウコンは、土壌中の鉄を吸収してしまうため、思ったほど効果は無いとのご指摘がありました。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017/06/24 11:37|健康TB:0CM:0
~健康印商店会の健康講座“ケンブリッジ講座”~

「健骨度測定会」を開催いたしました。
前回から測定方法が変わり、より精密な測定ができるようになりました。
測定時間も短くなりましたので、午前と午後の二回の健康講演会も同時開催。
熱心にメモを取るか方もあり、全薬工業(株)の宮木さんの興味深いお話に聞き入っていました。

健骨度測定会2015
 体内のカルシウムの99%は骨や歯に存在し、残りの1%は、血液や細胞などに含まれています。
そしてその1%が生命活動の重要なコントロール役として働いています。
食事からの摂取量が不足すると、骨のカルシウムが溶け出して、血液中の不足分が補われる仕組みになっています。
 更年期障害が重度化する方は、若い時に慢性的なカルシウム不足がある方に発症しやすいとの事でした。
無理なダイエットも要注意です。

足首で測定
足首で測定しました。かなり正確に数値化できて満足です。

私は、年々数値が良くなって嬉しい!
カルシウムだけではなく、Ⅰ型Ⅱ型コラーゲンをたっぷり摂っている結果が出てきたようです!
測定結果

皆様の結果をファイルしてありますので、しっかり食べて次回の測定を楽しみにいたしましょう。
「望月しょうせいどう」は、元気で長生きのお手伝いをさせていただきます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
2015/06/19 22:02|健康TB:0CM:0
  しょうせいどうサロン 開催
 ■折り紙とおしゃべりを楽しむ会  4月25日(土)14:00~16:00
      鯉のぼり
講師:元立命館大学講師の寺尾洋子先生
 ●参加費1,200円   ●6名
※自然薬も楽しめる特典付き  

 大脳は「前頭葉」「頭頂葉」「側頭葉」「後頭葉」から成り立っています。この中で、最も重要なのが前頭葉にある「前頭前野」という場所です。ここでは、コミュニケーションをうまくとったり、感情をコントロールしたり、記憶したり、思考したりと、人間としてとても大切なことを司っています。

 では、どんなときに「前頭前野」はよく働いているのでしょうか?最近の研究によると、写経やわらじを編むなどの昔からある用具を使った作業や、編み物や折り紙のような手を使って何かを作る創造的な活動をしているときに、この「前頭前野」が活発に働いていることがわかってきています。

 友達とおしゃべりしながら、自分の好きな色や形、模様を選んで、作品を作る。そんなことで楽しく脳の活性化ができたらいいですよね。折り紙好きの皆さん、みんなで集まっておしゃべりしながら、自分だけの折り紙作品を作ってみませんか。

 4月は鯉のぼりを作ります。色や模様は当日お好きなものを選べます。

前回のサロンの模様
ゼンタングル講座風景

※前頭前野に関する過去ブログ「前頭前野を鍛える」

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ
にほんブログ村

2015/04/17 18:45|健康TB:0CM:0
まちゼミ 『健ブリッジ大学~秋の集中講座』

「望月しょうせいどう」では、「健骨度・血流測定会」を開催いたしました。
春には50名もの方がいらして下さいましたが、ゆっくりお話もできなかったので、
今回は予約者のみとさせていただきました。
30名近くの方々にご参加いただき、ゆっくり丁寧な説明を心がけました。
今回も全薬工業の永井さんにお世話になりました。
健骨度・血流測定会(平成24年秋)

今回はカルシウムの話ではなく、話題のミネラル・マグネシウムの重要性を重点的にお話しさせてきただきました。
スマップの稲垣五郎ちゃんが、だいぶ前にTV宣伝で『カルニ・マグイッチ』と叫んでいたのを覚えている方は少なくなってしまいました。
カル2・マグ1。カルシウム2に対してマグネシウム1の割合で摂取しましょう!という意味なんです。
このバランスが大事なんです。
自然界では、ドロマイトというサンゴの化石(サンゴなどが堆積してできた岩石が、海水のマグネシウムと成分を交換してできた岩石)があり、それをサプリメントとして商品化されたものもあります。
食品から摂取しようとすると、下記の食品表のように海草類にマグネシウムが多く含まれていますが、
食品表の含有量は、食品100g中の含有量になりますので、食品から摂取することのむずかしさがご理解いただけると思います。
静岡県では、桜えびがありますので、栄養の宝庫といった感じですが、最近は高価になりすぎています。


Ca・Mg食品表2
Ca・Mg食品表1(全薬工業資料より)

<マグネシウムについて>
どんなミネラルなの?
マグネシウムは、体内の多くの酵素の働きを助け、心臓や血管などの正常な機能を維持するように働いています。
また、神経伝達や筋肉の収縮、弛緩にも関わる大切なミネラルなのです。
体内では、カルシウムと同様に、骨に一番多く存在し、骨の強さを保つ働きをしています
また、筋肉の働きにも関わっているため、筋肉組織にも比較的多く含まれています。

マグネシウムはこんな人におすすめ
ストレスの多い人、足がつる人、肉・加工食品・清涼飲料水・牛乳・酒を多くとる人、利尿剤の利用者、高血圧・動脈硬化・心疾患・腎臓結石・骨粗鬆症を予防したい人

マグネシウムは、大豆をはじめとする豆類、海藻類、魚介類、種実類などに多く含まれています。
偏りがちな現代人の食生活に役立つ、カルシウム・マグネシウム製剤『カタセマグ』が人気です。
毎日、効率よくカル2・マグ1を摂取いたしましょう!

カタセマグ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


2012/11/22 17:36|健康TB:0CM:2
秋の「健ブリッジ大学」が開催されました。
富士駅周辺の商店で、三日間にわたり様々な健康講座が開催されました。

「望月しょうせいどう」では、「健骨度・血流測定会」と「漢方講座」の二つの講座を開催いたしました。
漢方講座は、風邪の季節と言う事もあり、漢方の上手な使い方を教えていただきました。
製品の良さでは日本一の漢方薬メーカー、JPS製薬の梨本氏を講師にお招きいたしました。
お話し上手で、2時間程楽しいひとときを過ごさせていただきました。
様々な漢方薬を味わったり、質疑応答など、あっと言う間に時が過ぎてしまいました。
皆さん、熱心にメモを取っていました。
漢方講座

翌日、漢方講座の受講者が“早速、風邪を引いちゃった!”と来店。
背中が寒くて、クシャミを連発、鼻水がタラタラ流れてきました。
咳も時々でて薄い泡のような痰が出てきます。
これって小青竜湯(しょうせいりゅうとう)の典型的な症状!
クシャミ・鼻水をはじめセキ、薄い泡のような痰など、こうした症状は、いづれも漢方医学では「水毒」といい、
体の中にたまった、“余分な水”のしわざです。
小青竜湯は、麻黄、細辛、半夏など体の中の水分代謝を整える働きを持つ生薬が主成分となっており、
“余分な水”によって引き起こされる風邪の治療に効果を発揮する薬なのです。

今年は、軽い風邪なら漢方で治してみましょう。
漢方なら、すっきりキレイに治ります。ご相談下さい。


「健ブリッジ大学」では、三日間いろいろな講座が開催されました。
 だんだん講座数も増えて、楽しくなりそうな気配です。
 タウンマネージャーazeさんのブログにもダイジェスト版がアップされています。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
2011/11/28 15:09|健康TB:0CM:0

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Copyright(C) 2006 「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。