「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報

「皮ふは内臓の鏡」といわれます。このサイトは、家族全員「素肌美人」をめざして、トータルな健康美を提案してまいります。

CalendArchive

旬の花時計

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

かぐや姫の手紙

Author:かぐや姫の手紙
霊峰「富士山」を仰ぎ見るJR富士駅前商店街で、薬屋を開業して105年。
「皮膚・漢方・サプリメントの専門店として地域の元気を応援しています。
自律神経失調にお悩みの方、アトピー・アレルギー・イボでお悩みの方ご来店下さい。
お悩みに応じた様々なスキンケア化粧品を数多く揃えております。

※『健康情報』などは、店主tasogareが担当。
※『スキンケア情報』などは、fuji・bijinが担当しています。

最近のコメント

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

最近のトラックバック

小雨降る3月25日、知り合いの方の車で富士根北中学校脇のカタクリの群生地に連れて行っていただきました。
一度は行ってみたかったので、大感激でした。

カタクリの群生地   富士根北中のボランティアさんたち
遠目には枯葉が一面に敷きつめられた感じ・・。 富士根北中のかわいいボランティア女学生さんたち

カタクリの花2
よく見ると、可憐なカタクリの花。
この日は、曇っていて肌寒く、こんな風に花は閉じてうつむいています。

カタクリの花1
丘陵地の上の方は、花が開いてきていました。
もう少し陽が当たれば、クリッと花弁が開くのでそうね。
友人のやまぶどうさんのブログには、開花した映像が載っていました。
「やまぶどうの徒然日記」カタクリの花①⇒ 
                   カタクリの花②⇒

富士根北中学校パンフレット

ボランティア女学生さんたちが配っていたパンフレットです。
富士根北中では、カタクリ保護活動をしたり、フォレストセイバー(森林保護)活動を総合学習で取り入れ、
また、地元に鎮座している「村山浅間神社」の富士山入山式に参加。
毎年1年生の男子が水垢離を、2・3年生男子の一部が修験者姿になり護摩炊きの体験をするそうです。
地域の歴史をしっかり学ぶ姿には、感銘を受けました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ
にほんブログ村
2013/03/26 11:33|薬用植物TB:0CM:2
梅雨の湿った空気の中で、突然漂ってきた濃厚な香り。
気がつくと、庭の隅でクチナシの花が咲いていました。
八重咲きのクチナシは園芸用で、薬用にはなりません。
この花が終わると、アゲハ蝶の幼虫が、葉をみんな食べてしまいます。
芋虫を見るのが嫌なので、切ってしまおうと思うのですが・・・
だんだん木が大きくなってしまいました。
園芸種のクチナシ

薬用にするのはこちらの一重咲きのクチナシです。
富士緑道に咲いていました。
クチナシ

クチナシの実は山梔子(サンシシ)と言い、漢方では正偃、利尿、鎮痛、止血、解熱などの目的で使われています。
また、染料や食品に使われる天然の色素として重宝がられていました。
現在でも、たくあん漬けや栗の甘露煮の色づけとして、五月節句のくちなし飯(黄色のお強)など、日本文化に深く関わった植物です。

静岡県西部の掛川の旧家「加茂家」のお弁当は、今でもクチナシで染められています。
加茂花菖蒲園のブログ記事⇒
加茂荘のお弁当記事は⇒

お弁当


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

2012/06/26 17:25|薬用植物TB:0CM:0
梅雨時に咲く花は、紫陽花だけではありません。近くの病院前に泰山木(たいさんぼく・大山木)の花が咲いています。
大きな大きな花です。
この花を見る度に、ホウノキと混同してしまいます。
どちらもモクレン科に属しています。
泰山木

泰山木の花をアップしてみます。15cm以上の大輪です。
たいさんぼくの花

こちらは「ホウノキ」の花です。
葉は料理に使いますね。飛騨高山方面では朴葉味噌や朴葉寿司などが有名です。
大きな葉には、抗菌作用があります。
葉の香りを楽しむと同時に保存食に応用されています。
ホウノキ

幹と枝の皮を剥ぎ取り乾燥したものを、和厚朴(わこうぼく)といいます。別種の中国産のシナホウノキに由来するものを唐厚朴(からこうぼく)とよび、区別する事もあるようですが、薬効は同じです。
健胃、整腸、利尿、去痰作用があります。
春から夏にかけて、胃腸障害が多い季節です。この厚朴が主成分の「半夏厚朴湯」という漢方薬があります。
この漢方薬、もしかしたら、気を使いすぎるあなたにピッタリかもしれません。

半夏厚朴湯:紫蘇味が好きな方に向いています。
気がつきすぎて心配性の方に。心優しい方に。緊張するとのどがくすぐったくなり、食道部分が詰まった感じがする方に向いています。
胸の辺りが、ポ~と温まり、気持ちも楽になるから不思議です。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
2011/06/14 16:00|薬用植物TB:0CM:1
タンポポ(蒲公英)について
タンポポ
菊科の植物には、蕗(フキ)のように精油を含み、香りが良いもので、いま一つはタンポポのように、
傷をつけると白い乳液が出るものです。
むかしの人はタンポポの乳液にヒントを得たのか、この根を「蒲公英(ほこうえ)」といって、母乳の出ないときや乳腺炎に使っています。
注)乳腺炎には、根5g、スイカズラの花の乾燥したもの(金銀花)5gをまぜ200ccの水で煎じて飲むと良い

乳牛の乳の出を良くするため、北海道で一時セイヨウタンポポが栽培されたそうですが、これが日本全土にはびこってしまったといわれています。
ヨーロッパでは、消化不良や胃腸カタルにのまれ、焙じたものはコーヒーの代用にもされています。

ヨーロッパでは、葉から根までを食用にしたり薬の様な使い方をしています。
特に、以前このブログでも書きましたが、タンポポやゴボウで味付けしたビールがあります。
下の写真は、セイヨウタンポポです。総苞片が全部外側に反り返って垂れ下がっています。
セイヨウタンポポ
【主な利用法】
調理用:葉はサラダ用、根はコーヒーの代用、花はワイン。
薬用:便秘、肝臓や胆嚢の障害、リウマチ、皮膚病。
   液汁をつけるとイボが治ると言われています。

■このタンポポコーヒーには、黒大豆や赤小豆、サンザシ、クチナシ、麥芽エキスなどをいれて飲みやすくしています。
タンポポコーヒー


にほんブログ村 健康ブログ 健康美へ
にほんブログ村
2011/05/09 15:55|薬用植物TB:1CM:0
牡丹の花が見頃になりました。
新しい一眼レフのカメラで主人tasogareが撮ってきました。キレイに写りますね。
牡丹

『立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花』
昔から美しい女性をたとえる時の表現ですね。
この三種の植物は、いずれも漢方の原料として使われています。
今回は、内藤記念くすり博物館のHPより(エーザイの博物館です)わかりやすい記事が載っていましたので、参考にさせていただきました。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
この中の芍薬、牡丹、百合は、観賞用の花として広く親しまれ馴染みのある花ですが、いずれも根の部分を生薬としても使われます。花は晩春から盛夏にかけての時期、3種類の花がリレーのように交代で咲くというのも面白いところです。
牡丹は4月末から5月の始め、芍薬が5月中旬から6月末まで、そして百合が6月から8月というように、順番にそれぞれの開花時期を迎えます。

牡丹は、芍薬の花とよく似ていますが大きめで、中国では花王と賞されるほど豪華な花とされています。薬効も芍薬と類似していて、根の皮の部分を頭痛や腰痛、婦人病の薬として使用するため、女性の味方となる薬草です。

芍薬は、すらりと伸びた美しい茎の先端に美しい花を咲かせます。その香りは、白ワインの香りを形容するときにも使われることがあり、これもたとえるならばやはり女性、しなやかで爽やかな、大人の女性の落ちつきを感じさせる、そんなワインを表現します。
薬効は、血の不足を補う補血薬として、痛みや痙攣(けいれん)をやわらげるなどの薬効があるとされています。
風邪薬の「葛根湯」にも含まれていますが、「当帰芍薬散」「芍薬甘草湯」など婦人科系の漢方薬に多く含まれているという特徴も、女性にとって心強い植物です。

 漢方の世界では、『立てば芍薬、座れば牡丹』という表現を、効能がよく似ている芍薬と牡丹のどちらを処方するかの目安となります。
立った状態で何時間でも井戸端会議ができる女性→芍薬
すぐに座りたがる女性→牡丹皮配合の処方

百合は、しなやかな茎の先に咲き、ややうつむき加減の花の姿が優美で美しく、芳香な百合の香りを調合した香水は根強い人気です。
百合の根は、食用としても一般的で茶碗蒸しの具材として馴染み深いところです。咳止めの効果があるため、風邪の時に食用するとよいとされています。
 春から夏にかけてのこの季節、3種の美しい花々を愛でることもまた、心の薬となることでしょう。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
当店人気の『桂枝茯苓丸』には、牡丹も、芍薬も使われています。
(桂枝・茯苓・牡丹皮・桃仁・芍薬各等分;煉蜜4.0)
この漢方薬は、服用すると美人になります。ホルモンバランスが整い、シミが消え生理痛が嘘のように消えてしまいます。
この漢方薬は、原典に忠実に作った丸薬(生薬をハチミツで練り固めたもの)が最高に効きます!

桂枝茯苓丸
<婦人薬を選ぶ目安>
漢方薬を分類する時の8つのパラメータを八綱といいます。
寒熱、虚実、表裏、陰陽ですが、体格は虚実から連想されるものです。
昔は弱い人、強い人のような分類をしていた時期もありますけれども、現在は病勢が慢性か急性かのように分類します。
弱い人向きとされている当帰芍薬散は冷えとともに下痢やムクミなどの痰湿がないと合いません。
ですからやや便秘症があるようなので内熱があると考えられ当帰芍薬散ではなく桂枝茯苓丸になります。
さらに熱実なら桃核承気湯になります。



にほんブログ村 健康ブログ 健康美へ
にほんブログ村
2011/04/29 13:04|薬用植物TB:1CM:4

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Copyright(C) 2006 「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.