FC2ブログ
「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報

「皮ふは内臓の鏡」といわれます。このサイトは、家族全員「素肌美人」をめざして、トータルな健康美を提案してまいります。

CalendArchive

旬の花時計

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

かぐや姫の手紙

Author:かぐや姫の手紙
霊峰「富士山」を仰ぎ見るJR富士駅前商店街で、薬屋を開業して105年。
「皮膚・漢方・サプリメントの専門店として地域の元気を応援しています。
自律神経失調にお悩みの方、アトピー・アレルギー・イボでお悩みの方ご来店下さい。
お悩みに応じた様々なスキンケア化粧品を数多く揃えております。

※『健康情報』などは、店主tasogareが担当。
※『スキンケア情報』などは、fuji・bijinが担当しています。

最近のコメント

フリーエリア

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

月別アーカイブ

最近のトラックバック

富士川東岸一帯は、かつて“加島の郷五千石”と言われ稲作中心の穀倉地帯でした。
富士市の灌漑用水は主に富士川ではなく、潤井川(うるいがわ)から取水しています。
富士山麓にその端を発し、富士宮の神田川の湧水も集め、富士市に入ると天間地区で鷹岡・吉原用水に取水、天間沢川を合流。
岩本地区で凡夫川と合流すると同時に富士早川、下堀川等に分流し、私たちの住むこの地(市の中西部)を潤しています。
本流は富士早川に分流したあたりから徐々に流路を南東に変え、小潤井川に分流し、やがて田子の浦港へ注いでいます。流域には、水を大量に必要とする産業が育ち、フイルム会社や製紙会社が数多くあります。前置きが長くなりましたね。
丁度富士早川(一級河川)が灌漑用水に分岐する辺り、富士中学や軍人墓地の向かい側に、数十年前まで子供たちの間で「どんぐり島」と言われた川の分岐点がありました。
川は淵となり、一角は鬱蒼とした小山のようになって怖い感じの所でした。
いつの頃か、その地区を深く掘り下げ遊水地ができ大変きれいに整備されました。
遊水地の上を筧のような水路が通っています。クリックして拡大すると巨大な遊水地の大きさがわかります。
遊水地              どんぐり島
築山風のこんもり木が茂っているところが、どんぐり島の一部です。
たまたま、その下を自転車で通りかかった時の事、歩道が花弁で散らかっていました。
上を見上げると、アッと驚きました!?スイカズラ?
どんぐり島前の歩道              覆いかぶさるスイカズラ

よくよく観察すると、確かにスイカズラが木を覆うようにツルを延ばし、大きな群生を作っていました。
スイカズラ②

いい香りもします。街中にあるなんてびっくりでした!
スイカズラ①

シュロの花も咲いています。夥しいツルが見えます。まるでジャングルの様です。 
棕櫚の花

富士早川を跨ぐ橋の架け替えと同時に軍人墓地の再整備があり、樹木もだいぶ剪定されたようです。
木々の間から五月の富士山がのぞいていました。大きな笠雲がかかっているように見えます。
富士山5月

<スイカズラ> 忍冬(にんどう)、金銀花(きんぎんか)
葉が冬でも枯れない事から、寒さに耐え忍ぶというので、葉や茎の生薬を「忍冬」と言います。
初夏に咲く花は白い花びらと、枯れて黄色に変色した花が混在するさまを「金銀花」と名付けたのでしょう。
最近は、生薬が使われなくなりましたが、この金銀花は、熱があり、咽喉が痛い風邪に良く使われるんです。
この金銀花入り“のど飴”は当店望月しょうせいどうで大変人気があるんです。
人々の健やかな暮らしの為に、生薬が役に大いに立っているんです。
スイカズラ入りのど飴
富士市の灌漑用水「潤井川」に関しては、富士市広報誌に詳しく書かれています⇒

2019/05/11 12:07|薬用植物TB:0CM:0
三年程前、ある漢方薬メーカーから譲ってもらった原種の牡丹の苗。
苗とは言っても、根っこが三本入っていただけでした。
これで花が咲くのかしら?と思いながら、心配なので友人の庭師さんに植えてもらいました。
素焼きの大きめの鉢に一本づつ苗を植えてもらい、米のとぎ汁や水を欠かさずやって観察しました。
どんな花が咲くのでしょう?一年が過ぎ、二年が過ぎても葉は出ても花は咲きませんでした。
三年目にして異変が起こりました!
葉が出てきて茎がスルスルと延び、花芽がついているではありませんか!
三本の牡丹は全部花芽を持ち、一本は二つの花芽をつけていました。
原種の牡丹に蕾が
この鉢は二つの花芽がついています。拡大すると見えますよ!葉の陰に小さな芽が見えます。

3月23日に大きな蕾が膨らんできました。
開花直前(2019_03_23)

まるで白バラのような雰囲気を醸し出しています。
薔薇のつぼみの様な牡丹の花

ついに咲いた牡丹の大輪。きれいです。
開花(2019_03_27)

最後の一輪が咲きました。ほんのりピンクがかかっていてきれいです。
開花(2019_04_05)

ボタンは漢方薬では根を用い、牡丹皮(ボタンピ)と言います。西暦900年代に入ってきた薬用植物です。
鎮痙鎮痛作用があり、婦人薬に使われています。
平成最後を飾る美しく咲いた花。新しい令和の時代をお迎えするに相応しい大輪のボタンです。
2019/05/01 20:18|薬用植物TB:0CM:2
小雨降る3月25日、知り合いの方の車で富士根北中学校脇のカタクリの群生地に連れて行っていただきました。
一度は行ってみたかったので、大感激でした。

カタクリの群生地   富士根北中のボランティアさんたち
遠目には枯葉が一面に敷きつめられた感じ・・。 富士根北中のかわいいボランティア女学生さんたち

カタクリの花2
よく見ると、可憐なカタクリの花。
この日は、曇っていて肌寒く、こんな風に花は閉じてうつむいています。

カタクリの花1
丘陵地の上の方は、花が開いてきていました。
もう少し陽が当たれば、クリッと花弁が開くのでそうね。
友人のやまぶどうさんのブログには、開花した映像が載っていました。
「やまぶどうの徒然日記」カタクリの花①⇒ 
                   カタクリの花②⇒

富士根北中学校パンフレット

ボランティア女学生さんたちが配っていたパンフレットです。
富士根北中では、カタクリ保護活動をしたり、フォレストセイバー(森林保護)活動を総合学習で取り入れ、
また、地元に鎮座している「村山浅間神社」の富士山入山式に参加。
毎年1年生の男子が水垢離を、2・3年生男子の一部が修験者姿になり護摩炊きの体験をするそうです。
地域の歴史をしっかり学ぶ姿には、感銘を受けました。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡県情報へ
にほんブログ村
2013/03/26 11:33|薬用植物TB:0CM:2
梅雨の湿った空気の中で、突然漂ってきた濃厚な香り。
気がつくと、庭の隅でクチナシの花が咲いていました。
八重咲きのクチナシは園芸用で、薬用にはなりません。
この花が終わると、アゲハ蝶の幼虫が、葉をみんな食べてしまいます。
芋虫を見るのが嫌なので、切ってしまおうと思うのですが・・・
だんだん木が大きくなってしまいました。
園芸種のクチナシ

薬用にするのはこちらの一重咲きのクチナシです。
富士緑道に咲いていました。
クチナシ

クチナシの実は山梔子(サンシシ)と言い、漢方では正偃、利尿、鎮痛、止血、解熱などの目的で使われています。
また、染料や食品に使われる天然の色素として重宝がられていました。
現在でも、たくあん漬けや栗の甘露煮の色づけとして、五月節句のくちなし飯(黄色のお強)など、日本文化に深く関わった植物です。

静岡県西部の掛川の旧家「加茂家」のお弁当は、今でもクチナシで染められています。
加茂花菖蒲園のブログ記事⇒
加茂荘のお弁当記事は⇒

お弁当


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

2012/06/26 17:25|薬用植物TB:0CM:0
梅雨時に咲く花は、紫陽花だけではありません。近くの病院前に泰山木(たいさんぼく・大山木)の花が咲いています。
大きな大きな花です。
この花を見る度に、ホウノキと混同してしまいます。
どちらもモクレン科に属しています。
泰山木

泰山木の花をアップしてみます。15cm以上の大輪です。
たいさんぼくの花

こちらは「ホウノキ」の花です。
葉は料理に使いますね。飛騨高山方面では朴葉味噌や朴葉寿司などが有名です。
大きな葉には、抗菌作用があります。
葉の香りを楽しむと同時に保存食に応用されています。
ホウノキ

幹と枝の皮を剥ぎ取り乾燥したものを、和厚朴(わこうぼく)といいます。別種の中国産のシナホウノキに由来するものを唐厚朴(からこうぼく)とよび、区別する事もあるようですが、薬効は同じです。
健胃、整腸、利尿、去痰作用があります。
春から夏にかけて、胃腸障害が多い季節です。この厚朴が主成分の「半夏厚朴湯」という漢方薬があります。
この漢方薬、もしかしたら、気を使いすぎるあなたにピッタリかもしれません。

半夏厚朴湯:紫蘇味が好きな方に向いています。
気がつきすぎて心配性の方に。心優しい方に。緊張するとのどがくすぐったくなり、食道部分が詰まった感じがする方に向いています。
胸の辺りが、ポ~と温まり、気持ちも楽になるから不思議です。


にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
2011/06/14 16:00|薬用植物TB:0CM:1

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Copyright(C) 2006 「望月しょうせいどう」の美肌と健康情報 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.